• トップ
  • リリース
  • チームスピリットが顧客とのリレーション強化にZuoraの『リレーションシップ・ビジネス・マネージメント(RBM)』を採用

プレスリリース

Zuora Japan株式会社

チームスピリットが顧客とのリレーション強化にZuoraの『リレーションシップ・ビジネス・マネージメント(RBM)』を採用

(DreamNews) 2016年06月16日(木)12時00分配信 DreamNews

サブスクリプション・ビジネスの収益向上プラットフォームを提供するZuoraは、チームスピリットが顧客とのリレーション強化のために、Zuoraの「リレーションシップ・ビジネス・マネージメント(RBM)」を採用したことを発表します。Zuoraの提供するRBMは、企業や組織のサブスクリプション・ビジネスの収益向上の支援を行うためのSaaSプラットフォームです。


 サブスクリプション・ビジネスの収益向上プラットフォームを提供するZuora(R)(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、日本法人 Zuora Japan株式会社:東京都千代田区、代表執行役社長:桑野 順一郎、以下Zuora)は、株式会社チームスピリット(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荻島 浩司、以下チームスピリット)がZuoraの「リレーションシップ・ビジネス・マネージメント(RBM)(TM)」を採用したことを本日発表します。

■ 採用背景
 チームスピリットは、クラウドで勤怠管理や経費精算、工数管理、電子稟議を一体化したサービス「TeamSpirit」をサブスクリプション(継続課金)モデルで提供しています。TeamSpiritは既存のERP環境にアドオンするだけでセルフサービスによる事務効率化ができる点を評価され、2012年の提供開始以降600社75,000ユーザー以上(2016年6月16日現在)に利用されています。2015年には「TeamSpirit 人事マスター」や「TeamSpirit マイナンバーエンジン」を新たに展開するなど、サービスの 拡大を続けています。

 サブスクリプション・ビジネスの成長とともに、顧客数が急増しその規模も多様化するにつれ、当初から利用していた自社開発の請求システムでは複雑化する契約管理や請求に対応できず、Excelでの処理や手作業が増えてしまうという問題が顕在化していました。また、これまでシンプルな料金体系でサービスを提供していましたが、顧客とのリレーション強化のためには、様々な顧客のニーズに合った柔軟なプランをタイムリーに提案する必要がありました。これらの問題を解決すべく、サブスクリプション・ビジネスのプラットフォームとしてZuoraのRBMが採用されました。

■ 導入効果
 Zuoraの提供するRBMは、企業や組織のサブスクリプション・ビジネスの収益向上の支援を行うためのSaaSプラットフォームです。従来のERPやCRM、販売管理等のシステムでは対応できない、サブスクリプション・ビジネスのための業務(プライシング、見積、Web販売、契約管理、請求・回収、売上計上、レポート・分析)を支援します。

 チームスピリットはRBMの採用により、 マニュアル作業で行っていたサブスクリプションモデルに必要な契約から請求、回収、売上計上までの一連のプロセスを徐々に自動化し、作業を約4割効率化することを見込んでいます。また、RBMとSalesforceを連携することで営業プロセスも効率化し、これまでは各契約から紐解いていた利用状況を顧客単位で容易に把握できるため、顧客ニーズを明確に把握してリレーション強化のための施策をタイムリーに提供できます。

■ コメント
 株式会社チームスピリット 取締役副社長 増山 秀信氏は次のように述べています。
「我々が持っている悩みは、クラウドサービスを提供するベンダーが共通して持っている課題です。グローバルにサブスクリプション・ビジネスを行う800社への導入実績を持つZuoraの蓄積したノウハウを活かして、自社の収益化に繋げていきたいと考えています。」

■ RBMが実現するサブスクリプション・ビジネスプラットフォーム概略図
【株式会社チームスピリットについて】
 チームスピリットは、TeamSpiritを運営する、企業向けSaaS提供企業です。2011 年秋にsalesforce.com, Inc.と資本提携を締結し、Salesforceのプラットフォームで実現する本格的な企業向け業務サービスを開発・提供しております。「変化に挑戦する人と企業の成功に、常識を超えたサービスで貢献する」をミッションに掲げ、今後ともその実現に努めて参ります。

【Zuoraについて】
 Zuoraの「リレーションシップ・ビジネス・マネージメント(RBM) (TM)」はすべての業種のお客様に対して、従来のプロダクト販売のビジネスモデル(所有)からサブスクリプション型のビジネスモデル(利用、共有)へのビジネスモデル変革の支援を行い、サブスクリプション・ビジネスにおける新規顧客獲得、既存顧客へのアップセル・クロスセルの強化、解約率の削減による収益向上と業務の効率化を実現します。また、従来のERPやCRM、販売管理等のシステムでは対応できない、サブスクリプション・ビジネスのプライシング、見積、Web販売、契約管理、請求・回収、売上計上、レポート・分析を、一気通貫のサービスで支援します。Zuoraは、シリコンバレーに本社を置き、グローバル13拠点にオフィスを展開してお客様をサポートしており、クラウドサービス、IoT、ハイテク、消費財、メディア、トラベル、テレコム、ヘルスケアなど幅広い業界で採用されています。特にクラウドサービスの領域では、freee、Box、Zendesk、Marketo、DocuSignなど数多くの企業で採用されています。

Zuora Japan Webサイト: https://jp.zuora.com/
Facebook: https://www.facebook.com/zuorajapan/
Twitter: http://twitter.com/Zuora_Japan

※Zuoraおよびリレーションシップ・ビジネス・マネージメント(RBM)はZuora Inc. の登録商標です。すべての著作権をZuoraが所有します。
※チームスピリット 、 TeamSpirit は株式会社チームスピリットの登録商標です。
※その他記載の商標は各社に帰属します。

【本プレスリリースに関するお問合せ】
Zuora Japan株式会社 マーケティング 担当:藤野
TEL:03-6386-9533 E-mail:sey.fujino@zuora.com


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る