• トップ
  • リリース
  • 株式会社セレス、東大ベンチャーとビットコイン・アプリケーションの共同開発で業務提携

プレスリリース

株式会社セレス、東大ベンチャーとビットコイン・アプリケーションの共同開発で業務提携

(DreamNews) 2016年06月06日(月)12時30分配信 DreamNews

株式会社セレスは東京大学発のベンチャー企業である合同会社ジャノムとビットコインに関するアプリケーションの共同開発で業務提携しましたのでお知らせいたします。


 株式会社セレス(本社:東京都港区、代表取締役社長:都木聡、以下「セレス」)は2016 年6月1日、東京大学発のベンチャー企業である合同会社ジャノム(本社:東京都品川区、代表社員:日向理彦、以下「ジャノム」)とビットコインに関するアプリケーションの共同開発で業務提携しましたのでお知らせいたします。

 ジャノムは、東京大学大学院在籍の日向理彦により設立され、国内初の仮想通貨専門ECサイト「コインギフト」や、国内でいち早くオープンした仮想通貨交換所「もなとれ」などを運営する暗号通貨・仮想通貨ベンチャーです。「コインギフト」は日本円をつかわずにビットコインやモナーコインでギフト券やビットコイン用ハードウェアウォレットなどを買えるECサイトです。「もなとれ」は2014年1月より運営されている仮想通貨取引所で、ビットコイン/ライトコイン/モナーコインなどの複数の仮想通貨間での売買取引が可能となっております。

コインギフト                       もなとれ
URL:https://coingift.jp                URL:https://monatr.jp



 ビットコインは、インターネット上で流通している仮想通貨の1つで、オープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網です。ビットコインは権力機関や金融機関を介さないため、極めて低いコストでの決済を可能にするとされており、マイクロペイメントや国際送金などへの利用が期待されております。セレスでは、現金や電子マネー等に交換可能なポイントサービスを運営しており、そのポイントは一種の仮想通貨であると定義されます。そのため、グローバルな仮想通貨であるビットコインとは非常に親和性が高いと考えております。今までに、仮想通貨関連のベンチャー企業である、株式会社bitFlyer・レジュプレス株式会社・ビットバンク株式会社・株式会社Orbとの提携を行ってきております。

 今回のジャノムとの業務提携によって新しいビットコイン・アプリケーションの共同開発をおこないます。2016年通常国会での資金決済法の改正により決済通貨としてのビットコインの法的裏付けがされました。その中で日本では「取引所」サービスにおいてはベンチャー企業を含め多数の参入が想定されておりますが、「決済」や「送金」といった本来、社会がより便利になるサービス分野でのアプリケーション開発が不足していると考えております。セレスとジャノムではビットコインのキラーアプリとなる、サービス分野でのアプリケーションを開発することによってビットコインの普及と利便性の向上を図ってまいります。

■会社概要
会社名:株式会社セレス
代表者:代表取締役社長 都木聡
所在地:東京都港区南青山3-11-13 新青山東急ビル4階
設立日:2005年1月28日
資本金:3億4,082万円
事業内容:インターネットメディア事業
URL:http://ceres-inc.jp/

運営メディア
モッピー:http://pc.moppy.jp/
モバトク:http://pc.mtoku.jp/
お財布.com:http://osaifu.com/
モッピージョブ:http://mpjob.jp/

■お問い合わせ先
株式会社セレス 広報担当
お問い合わせフォームよりお問い合わせください
http://ceres-inc.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る