• トップ
  • リリース
  • ペンタセキュリティ、AWS Summit Seoul 2016でクラウドセキュリティソリューション紹介

プレスリリース

Penta Security Systems K.K.

ペンタセキュリティ、AWS Summit Seoul 2016でクラウドセキュリティソリューション紹介

(DreamNews) 2016年05月31日(火)11時00分配信 DreamNews

データベース暗号化とWebセキュリティ専門企業ペンタセキュリティシステムズ株式会社は5月17日、ソウルのCOEXで開催されたAWS Summit Seoul 2016でAWS(Amazon Web Services)環境に特化したデータベース暗号化ソリューションD’Amo for AWSと仮想化Webアプリケーションファイアウォール WAPPLES V-Seriesを紹介しました。


APN技術パートナーとしてクラウド基盤のデータ暗号、Webセキュリティ技術紹介し


データベース暗号化とWebセキュリティ専門企業ペンタセキュリティシステムズ株式会社 (日本法人代表取締役社長 陳貞喜、http://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、ソウル/韓国本社、ヒュースト/米国法人)は5月17日、ソウルのCOEXで開催されたAWS Summit Seoul 2016でAWS(Amazon Web Services)環境に特化したデータベース暗号化ソリューションD’Amo(ディアモ) for AWSと仮想化WebアプリケーションファイアウォールWAPPLES V-Series(ワップルブイシリーズ)を紹介したことを明らかにしました。


AWS Summitは、既存の顧客にはAWSを通じてより成功できるように深みのある技術コンテンツを提供し、新規の顧客には、AWSプラットフォームに対する教育を提供することを目的とするイベントであり、2016年には、ソウルをはじめ、東京、シンガポール、パリ、サンティアゴなど総37の都市で開催されています。


ソウルで開催されたAWS Summit Seoul 2016には約3,000人が参加し、ペンタセキュリティは、展示ブースを運営してアジア・パシフィック地域のマーケットシェア1位のWebアプリケーションファイアウォールであるWAPPLESをAWS環境に最適化したWAPPLESの仮想化バージョン「WAPPLES V-Series」と韓国データベース暗号化ソリューション市場1位のD’AmoをAWSのクラウド環境に最適化した「D’Amo for AWS」を紹介して、AWS環境での適用方法を教える時間を持ちました。


ペンタセキュリティは、2014年からAWS基盤の鍵管理サーバ製品であるD’Amo SG-KMSと仮想化WebアプリケーションファイアウォールWAPPLES V-SeriesをAMI(Amazon Machine Image)の形で提供しながら、APN(Amazon Partner Network)技術パートナーに登録されました。APN技術パートナーとは、AWSプラットフォームでホスティングや統合できるソフトウェアソリューションを提供する正式パートナーとして、他の企業より効率的にAWS基盤のソリューションを構築することができます。


ペンタセキュリティの最高技術責任者であるDS Kimは、「昨年と比べてAWSクラウドを利用する顧客の割合が高まり、AWS環境で適用可能なセキュリティソリューションに関するお問い合わせも増加した。」とし、「データベース暗号化ソリューションおよび仮想化Webアプリケーションファイアウォールを韓国市場では最初に発売してセキュリティ技術をリードしてきた経験を基にして、Microsoft Azure、IBM Softlayer、Google Cloud Platformなどの様々なクラウド環境でも誰もが簡単にセキュリティソリューションを適用できるように製品を最適化することに集中する予定である。」と述べました。





お問い合わせ
E-mail : japan@pentasecurity.com
TEL : 03-5361-8201


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る