• トップ
  • リリース
  • 5月27日に主催された日本MBAサミットでは、Going Globalにおいてアクセンチュア・ストラテジー社の代表取締役社長およびジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の代表経営者が行った

プレスリリース

カタリスト株式会社

5月27日に主催された日本MBAサミットでは、Going Globalにおいてアクセンチュア・ストラテジー社の代表取締役社長およびジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の代表経営者が行った

(DreamNews) 2016年05月31日(火)09時00分配信 DreamNews

MBA保有者、修士号保有者および優秀な人材が革新的かつ効率的な方法で繋がりを構築でき、企業にとっても一流の人材と有意義な方法で関係性を構築し交流する機会となりました。現在日本では人材不足に苛まれていますが、優秀な人材を探している企業にとっても、新しい企業に就職したいあるいはビジネスパートナーとして優れたネットワーク構築を求めている参加者にとっても非常に利益のあるイベントでした。

日本2016年MBAサミット
銀座のイトーキ東京イノベーションセンターにて、5月27日(金曜日)に主催された日本イノベーティブMBAサミットでは、「Going Global (国際化に向けて)」において重要な2つの要素に関する共調講演をアクセンチュア・ストラテジー社の代表取締役社長およびジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の代表経営者が行った。サミットには、スタンフォード大学、ウォートン・スクール、IESE、コロンビアコロンビア大学ビジネススクールなど世界中のMBA保有者および日本の有数ビジネススクールのMBA保有者やその他の修士号保有者とレッドブル、IBM、PMIなどのフォーチュン500の世界企業の取締役員が集いました。
このイベントは公式パートナー企業であるCatalyst4mbas.comおよびFocusCoreが企画し、MBA保有者、修士号保有者および優秀な人材が革新的かつ効率的な方法で繋がりを構築でき、企業にとっても一流の人材と有意義な方法で関係性を構築し交流する機会となりました。現在日本では人材不足に苛まれていますが、このイベントは優秀な人材を探している企業にとっても、新しい企業に就職したいあるいはビジネスパートナーとして優れたネットワーク構築を求めている参加者にとっても非常に利益のあるイベントでした。
本当に共有するべき暗黙知を有している企業の経営者による共調講演の後、事前に選ばれていた参加者のみがイトーキが設計した2階の最先端かつ最新式のセミナールームに移動し、取締役社長の石川雅崇氏と直接対談し企業についてより詳細に聞く機会が設けられました。また、この際、アクセンチュア・ストラテジーにおけるMBA機会について直接紹介を受けることができました。こうすることにより、参加者は「企業がインタビューを実施する前に、直接企業の代表取締役員に対し自分たちがインタビューをする機会を与えられる」と前回のMBA参加者が述べていました。また、この機会は企業にも事前にスクリーニングされ強い信念を持った候補者たちに対面し、彼らがどういう振る舞いをしどの候補者が一番フォローアップインタビューに適しているのかを判断することができる。事前に判断できることで企業は大幅に業務料を減らすことができ、世界および日本における有数なMBA学校の卒業生に自社を宣伝することができます。




は以前4年連続で日本における最大級のMBAキャリア・フォーラムを主催していましたが、このフォーラムを簡素化しMBAセミナーという形で直接本社に赴き、代表取締役に会って企業および独占的な機会について知る機会をMBA保有者に与え、毎年FocusCoreと共にMBAサミットも開催しています。FocusCoreは、APAC全土においてビジネスサービスを提供している企業であり、日本においては人材採用に特化し、卒業予定あるいは卒業したMBA保有者に対し日本における有数の企業においてマネージャや管理職に就く機会を与えています。
このイベントは、「Going Global (国際化に向けて)」において重要な2つの要素、テクノロジーとコミュニケーション、に関する共調講演を拝聴し、代表取締役員と直接会う機会を参加者に提供しました。アクセンチュア・ストラテジー社の代表取締役社長である石川雅崇氏は、待っている間に買い物ができるよう地下鉄に配置された等身大の食品ポスターに記載されているQRコードを使用している企業や患者の治療を向上させるため病院が使用している技術等、実際のケーススタディを基にグローバル成長に影響を与えるテクノロジーについて講演しました。また参加者は、ジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の代表経営者から、自身のコミュニケーションスタイルを評価し、国別のコミュニケーションスタイルを表示しているスケールを用いて違いや国境を越えてどのようにコミュニケーションが成り立っているのかより理解できるよう、異文化コミュニケーションに関する対話式講演を拝聴する機会も与えられました。共調講演後、参加者はグループ分けされ、それぞれのグループにおいて「Going Global (国際化に向けて)」どのような取り組みが有効的であると思うか議論がなされました。日本の市場においてどのような取り組みが成功しているのか価値ある情報を知りえると共に、簡単に10名ほど別の参加者と知り合いきっかけとしてこの組織的活動に参加した後、デール・カーネギー・トレーニングにより研修として20万円相当の商品が提供され、その後は飲食を楽しみながらネットワーク構築の場が設けられました。
Catalyst4mbas.comの代表取締役は次のように述べています。「MBAのコネクションを活用する場なのかMBAの希望職種を紹介できる場なのかにかかわらず、我々にとっては価値をいかに提供するかが重要になります。意欲的な人材につながりを構築できる場を提供し、このようなイベントが実を結ぶ機会を目にすることで、我々は幸福および名誉を感じています。」


年間通して企業の本社にて実施されるMBAセミナーのほかに、このようなサミットは年間に2回しか開催されません。CMOサミットは7月1日に開催予定であり、当日はUber(ウーバー)の社長と会える可能性があり、カート・サーモンおよびデロイト・デジタルの取締役員が共調講演を行います。参加にご興味がある場合は、catalyst4mbas.com/event に掲載されている情報をご参照ください。


Damon Mackey - 代表取締役兼広報担当
Catalyst4mbas.com
〒104-0031
東京都中央区京橋 3-12-4
MAOビル5F

Phone: 03-4550-6772
Fax: 03-4550-6778
Skype ID: Catalystlive
Email: dmac@catalyst4mbas.com
ウェブサイト: www.catalyst4mbas.com


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る