• トップ
  • リリース
  • 新刊『システム感情片付け術』八重洲ブックセンター本店・ノンフィクション部門ベストセラー1位達成!

プレスリリース

株式会社日貿出版社

新刊『システム感情片付け術』八重洲ブックセンター本店・ノンフィクション部門ベストセラー1位達成!

(DreamNews) 2016年05月20日(金)12時30分配信 DreamNews

5月17日に発刊された小笠原和葉さんの著書『システム感情片づけ術』が、東京・八重洲ブックセンター本店で、ノンフィクション部門のベストセラー1位となりました(期間は5月8日〜5月15日)。 同書は、ボディーワーカー(身体調整術)であり、意識・感情システム研究家である著者が、生理学的な視点から感情を上手に扱うコツを分かりやすい言葉でまとめたもので、ライフスタイルに興味のある読者から支持を受けています。

今回、東京・八重洲ブックセンター本店ノンフィクション部門で1位※となった『システム感情片付け術』は、理系ボディーワーカー&意識感情システム研究家の小笠原和葉さんの初の著書です。(※2016年5月8日〜2016年5月15日)


本書では大学院まで宇宙物理学を学んでいた小笠原さんが、感情を生理学的に分析。感情の強い特性として、一度生まれた感情は雪だるま式に様々な感情を誘発して、“巻き込むこと”を本の冒頭であきらかにしています。

その上で「それは、子どもの頃の出来事が原因で……」といったアプローチではなく、あくまでも神経系が興奮しているという視点でその仕組みと、そうした感情を普段の生活でどうやって“片付けるか”が、豊富なイラストと優しい語り口で分かりやすく書かれています。

また、本書の魅力は小笠原さんご自身、現在子育て真っ最中のお母さんであり、そうした経験から得た説得力のある文章。そして、ポジティブな感情はもちろん、ネガティブな感情を含め、私たちが生きる上で常に浮かんでは消える、様々な感情を楽しむコツが小笠原さんの言葉で生き生きと書かれていることが多くの読者に支持されて、今回の結果になったものと考えています。


【書籍に関する情報】

理系ボディーワーカーが教える“安心”
システム感情片付け術

発売日:2016年5月17日(火)
四六: 223ページ
価格:1,400円(税別)
出版社: 株式会社 日貿出版社
ISBN: 978-4-8170-7037-1

【著者プロフィール】

小笠原 和葉(おがさわら かずは)
ボディーワーカー・意識・感情システム研究家
東海大学大学院 理学研究科 宇宙物理学専攻課程修了。
学生時代から悩まされていたアトピーをヨガで克服したことをきっかけに、 ココロとカラダの研究をはじめ、エンジニアからボディーワーカーに転身。 施術と並行して意識やカラダを含んだその人の全体性を、一つのシステムとして捉え解決するメソッド 「プレゼンス・ブレイクスルー・メソッド(PBM)」を構築。海外からも受講者が訪れる人気講座となっている。
「小笠原和葉|PBMオフィシャルサイト」 http://pbm-institute.jp
クラニオセイクラル・ヒーリングアートチューター
カリフォルニア州認定マッサージプラクティショナー
東海大学大学院理学研究科宇宙物理学専攻修士課程修了
本書の出版を記念したインタビューがこちらに掲載される予定です。よろしければご覧ください。
WEBマガジン コ2[kotsu] http://www.ko2.tokyo/



【献本のご案内】

 本リリースに本文の一部を抜き出した紹介用ダイジェストPDFを添付しておりますが、日貿出版社ではより本書にご興味おありのメディアさまへのご献本を行っています。
以下の申し込みフォームよりお申し込み頂くかメールお電話でご連絡ください。

○ご献本申し込みフォーム
http://goo.gl/forms/p0CZnn6Yy3

○E-mail&Tel, Fax
shimomura@nichibou.co.jp
Tel 03-5805-3303 Fax 03-5805-3307

【本リリースについてのお問合せ&日貿出版社について】

日貿出版社は美術・健康・スポーツ・武道の総合出版社として東京で出版活動を開始し本年で創立50年になります。
株式会社 日貿出版社 JAPAN PUBLICATIONS, INC.
本社 東京都文京区本郷5−2−2
TEL : 03−5805−3303(代表)
FAX : 03−5805−3307
URL http://www.nichibou.co.jp/


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る