• トップ
  • リリース
  • ジンコソーラーは年内に20.5%高効率多結晶太陽電池セル量産を実現でき

プレスリリース

Jinko Solar株式会社

ジンコソーラーは年内に20.5%高効率多結晶太陽電池セル量産を実現でき

(DreamNews) 2016年05月19日(木)10時30分配信 DreamNews

中国の大手太陽光パネルメーカーであるジンコソーラーはずっと量産可能な高効率な太陽電池の開発に取り込んでいる。目前、20%以上の高効率多結晶太陽電池セルの量産がもう達成した、今年の年末に量産効率が20.5%以上を実現できることを見込まれている。ジンコソーラーは業界初の太陽電池セル量産技術が20%以上を推進した企業で、量産技術と製造過程において業界をリードしている。

2016年5月17日に、中国の大手太陽光パネルメーカーであるジンコソーラーは今年の第四半期まで、多結晶太陽電池セルの量産効率が20.5%以上を実現できることを発表した。ずっと量産可能な高効率太陽電池の開発に取り込んでいるジンコソーラーは、2015年の年末、20%以上の高効率多結晶太陽電池セルの量産がもう達成した、年内に量産効率が20.5%以上を実現できることを見込まれている。ジンコソーラーは業界初の太陽電池セル量産技術が20%以上を推進した企業で、量産技術と製造過程において業界をリードしている。

ダイヤモンド・ワイヤー(Diamond Wire,DW)多結晶は多結晶の発展に必要な経路の一つであることが知られている。しかし、あまりにも滑らかなシリコン・ウェーハが太陽電池の外観にスクラッチが発生しやすく、高い反射率のために転換効率も低下させた。したがって、その表面にエッチングの製造過程が必要になった、業界でブラック・シリコン技術(Black Silicon)と呼ばれる。その中で、ドライエッチングの反応性イオンエッチング (Reactive Ion Etching,RIE) 技術とウエットエッチングの金属触媒の化学エッチング法(Metal Catalyzed Chemical Etching,MCCE)が含まれている。

外観でのスクラッチ問題を解決できる以外、変換効率から見ると、多結晶電池の表面反射率が高いため、光の反射率を減るのは多結晶効率を向上する主な方法である。ブラック・シリコン技術がシリコン・ウェーハの表面にナノスケールの凹凸形状をもった構造を形成させ、太陽光吸収率を高める。

今年、ジンコソーラーは業界で初めてのドライエッチング・ダイヤモンド・ワイヤーブラック・シリコン製品(EAGLE BLACK)を発売した(約5Wを向上した)。ジンコソーラーのRIE技術が他の会社のRIE技術と比べると、よりよいナノスケールの逆ピラミッド型の構造を形成できる。それ以外、黒い太陽電池が弱い旋光性の表現を向上する同時に、波長の長い光と波長の短い光の吸収率を増加し、太陽電池の効率を向上させた。量産性、導入コストと効率向上の上で、RIEが今まで一番成熟した、一番高い利益を得ることができるブラック・シリコン技術である。ジンコソーラーのRIEと組み合わせたPERC(Passivated Emitter and Rear Cell)技術を採用したモジュールが市場で価格性能比が一番高い製品である。

それ以外、ジンコソーラーは低コストのウエットエッチング・ブラック・シリコンと組み合わせたダイヤモンド・ワイヤーウェーハ製品の研究開発がもう完成し、今は認証されている。

「シリコーン電池の生産技術の発展(もっと高効率、低コスと、規模化の方向)に伴って、実験室での効率データはすでにそんなに重要ではないと思うのです、違うメーカーによって技術に対する客観的な定義も違います。ジンコソーラーに対て、大量生産とコスト優位を保持できる高効率製品が市場価値があります。一番大切なのは量産を実現できるもので、実験室のサンプルではありません。弊社の20%多結晶電池が正式に量産段階に入りました、次世代のもっと高効率的な電池生産が予想通り推進しています。弊社は今後3〜5年以内に、60セル多結晶330Wの量産を実現し、それによって、出力が今の基礎の上に22-30%アップすると見込まれています。」とジンコソーラーの副会長銭晶が語った。

ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE:JKS)は、世界大手太陽光発電企業の1つである。同社は中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他諸国・地域の多様な国際的公益事業、商業、住宅向け顧客基盤に太陽光発電製品、ソリューションとサービスを流通、販売している。ジンコソーラーは垂直統合型の太陽光発電製品バリューチェーンを構築し、2015年12月31日時点の年間総発電量は、シリコン・インゴットとウエハーで3.0ギガワット(GW)、太陽光発電用セルで2.5GW、ソーラーモジュールで4.3GWとなる。ジンコソーラーはまた、中国でも電力を販売、2015年12月31日現在、太陽光発電プロジャクトのおよそ1006.6MWをグリッド接続した。

ジンコソーラーはドイツ、イタリア、スイス、米国、カナダ、オーストラリア、シンガポール、日本、インド、南アフリカ、チリにある11の子会社、それに中国、スペイン、英国、アラブ首長国連邦(UAE)、ヨルダン、サウジアラビア、エジプト、モロッコ、ガーナ、ブラジル、コスタリカ、メキシコにある13のグローバルセールス・オフィス、さらに中国の江西省および浙江省、ポルトガル、南アフリカ、マレーシアに5つの製造施設をそれぞれ保有、従業員の総数は1万5000人となっている。


詳しい情報はhttp://www.jinkosolar.com/ を参照。
住所:103-0026東京都 中央区日本橋兜町13番2号 兜町偕成ビル本館9階
代表電話:03-6661-0899
FAX番号:03-6661-0129
ホームページ:http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る