プレスリリース

ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社

ブラック・ダックがOSSコンプライアンスセミナーを開催

(DreamNews) 2016年05月16日(月)12時00分配信 DreamNews

オープンソースソフトウェア(OSS)のセキュリティ及び管理の自動化ソリューションのリーディングカンパニーであるBlack Duck Software, Inc. (本社:米国バーリントン)の日本法人であるブラック・ダック・ソフトウェア株式会社(本社:東京都千代田区、以下ブラック・ダック)は2016年6月9日にコンプライアンスセミナーを開催いたします。

2016年5月13日

〜あなたの会社のコンプライアンスは万全ですか?〜
2016年度中にグローバル2000企業で必要不可欠なアプリケーションの99%にオープンソースが含まれるであろうとガートナー社の調査で予想されています。企業におけるOSSの利用が多くなればなるほど、コンプライアンス対策が必要です。たとえ社員が1万人いる会社でも、たった1人の起こしたOSS 利用上の不祥事で経営ができなくなる、会社の信用が地に堕ちて存続が難しくなる、そのような可能性はゼロではないからです。

今回は弁護士の松島純也先生による、OSSライセンスに関する法律問題、特にGPLのFAQ、OSSの脆弱性問題を中心に、弁護士の視点からリスクや対応策について解説していただきます。

また日本でのブラック・ダックをコンプライアンス対策の取り組み事例を、オリンパスソフトウェアテクノロジー株式会社様、および弊社パートナーの一社である株式会社ベリサーブ様にお話いただきます。皆様のご参加を心からお待ちしております。

日時: 2016年6月9日(木)13:30-17:00 (受付開始13:00-)
場所: AP東京 八重洲通り 7階  会議室P
東京都中央区京橋1丁目10番7号KPP八重洲ビル7・11・12・13階
費用: 無料
お申込み方法:下記のURLをクリックしてください。
https://info.blackducksoftware.com/APAC2016-06-09OSSComplianceSeminar_LP-Registration-JP.html

アジェンダ:
13:30-13:45
ウエルカムスピーチ
代表取締役社長 ジェリー・フォズニック
13:45-14:25
事例紹介1「オリンパスグループにおけるOSSライセンス コンプライアンスの実践」
オリンパスソフトウェアテクノロジー株式会社
企画本部ソフトウェア戦略室 室長
服部 展子 様
14:25-14:55
事例紹介2「「お客様事例にみるOSS ライセンスコンプライアンスとセキュリティチェックの実践」
株式会社ベリサーブ 
ソリューション事業部ソフトウェア品質基盤ビジネスユニット マネージャー 
銭本 崇 様
14:55-15:10 休憩
15:10-16:40
OSSに関する法律問題 
〜GPLについてのFAQ、OSSの脆弱性問題を中心に〜
松島・木村法律事務所 弁護士 松島 淳也 様
16:40-17:00 Q&A
17:00 閉会

Black Duck Softwareについて
Black Duck Softwareは、あらゆる規模の企業がオープンソースコードをセキュアに管理し、オープンソースを利用して管理することで得られるビジネスチャンスを最大化することを可能にするOSS Logistics ソリューションのリーディング・プロバイダーです。Black Duckはマサチューセッツ州バーリントンに本社を置きカリフォルニア州マウンテンビュー、ロンドン、パリ、フランクフルト、東京、ソウル、北京に事務所があります。詳細については、www.blackducksoftware.com をご覧ください。ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社(本社:東京都千代田区)は、Black Duckの日本法人です。

本件の問い合わせ先
ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社
マーケティング 武藤
TEL: 03-3288-2420
FAX: 03-3288-2375
Email: marketing-jp@blackducksoftware.com

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る