• トップ
  • リリース
  • クラウド名刺管理のSansan、新たに名古屋オフィスを開設 〜東京・大阪に続く営業拠点、TVCMも放映〜

プレスリリース

クラウド名刺管理のSansan、新たに名古屋オフィスを開設 〜東京・大阪に続く営業拠点、TVCMも放映〜

(DreamNews) 2016年05月02日(月)10時00分配信 DreamNews

クラウド名刺管理サービスを提供するSansan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田親弘)は5月2日付で名古屋市中村区に新オフィスを設立し営業を開始したことをお知らせいたします。

クラウド名刺管理サービスを提供するSansan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田親弘)は5月2日付で名古屋市中村区に新オフィスを設立し営業を開始したことをお知らせいたします。
【名古屋オフィス概要】
名称 :Sansan株式会社 名古屋オフィス
所在地:愛知県名古屋市中村区名駅5-31-10 リンクス名駅ビル 6F

近年、クラウド名刺管理サービスは企業規模を問わず全国で需要が高まっています。Sansan株式会社は2016年より法人向け名刺管理サービス『Sansan』の全国営業を本格的に開始し、地場に根ざした営業活動を展開しています。名古屋オフィスは1月に開設した大阪オフィスに続く営業拠点となります。オフィス開設に先立ち、俳優の松重豊さん主演のTVCMを名古屋エリアでオンエアしているほか、今後は名古屋で大型イベントやセミナーも実施します。このたびのオフィス開設を機に中部エリアのサービス導入数の大幅増を目指し、地元企業の事業成長と業務改善を通じ中部エリアの経済活性化に貢献して参ります。

■Sansan株式会社について
2007年の創業より世界初の法人向けクラウド名刺管理サービス『Sansan』を開発・提供しています。
Sansanは「名刺を企業の資産に変える」をコンセプトに、社内に眠る名刺をデジタル化し、人と人のつながりを情報として可視化・シェアできる世界初の法人向けクラウド名刺管理サービスです。組織全体の働き方を変え、営業力強化に貢献します。業界シェアはNo.1※で、経済産業省でも導入されています。導入企業は2016年1月に4,000社を突破しました。
また、2012年より個人向け名刺管理アプリ『Eight』を提供開始。ソーシャルの仕組みを取り入れ名刺をビジネスのつながりに変える新たなビジネスネットワークとして、登録ユーザは2015年時点で100万人を超えています。
2つのサービスはいずれも特許を取得済です。
※出典:2015年5月 株式会社シード・プランニング調べ「注目サ−ビス(名刺管理サービス、タレントマネジメントサービス、ロッカー型クラウドサービス)の最新動向 No.2」より

◎SansanのTVCMを公開しています
https://youtu.be/1J2xfHRvMf8


■Sansan株式会社 会社概要

設立:2007年6月11日 URL: http://jp.corp-sansan.com
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
資本金等:資本金等 24億461万円(うち資本金 14億1,260万円)
社員数:200名
事業内容:名刺管理クラウドサービスの企画・開発・販売
法人向け『Sansan』 http://jp.sansan.com
個人向け『Eight』 https://8card.net


【法人向けサービスに関するお問い合わせ先】 Sansan株式会社 マーケティング部
フリーダイヤル:0800-100-9933(携帯からもOK/不通の場合 03-6419-3033)
メール:inquiry@sansan.com  資料請求・お問い合わせフォーム https://jp.sansan.com/form/inquiry


【報道関係のお問い合わせ先】Sansan株式会社 広報部 担当:磯山
メール pr@sansan.com   TEL 03-6316-3121  FAX 03-3409-3133


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る