• トップ
  • リリース
  • 課題発見・解決を積み上げて業務の流れをスムーズにする「課題管理で始める継続的な業務改善 ボトムアップ型・生産性向上無料セミナー」5月26日開催

プレスリリース

株式会社マネジメント

課題発見・解決を積み上げて業務の流れをスムーズにする「課題管理で始める継続的な業務改善 ボトムアップ型・生産性向上無料セミナー」5月26日開催

(DreamNews) 2016年05月10日(火)09時00分配信 DreamNews

プロジェクトマネジメントを専門分野にサービスを提供する株式会社マネジメント(本社:東京都港区、代表取締役社長:音羽真東)は、社内研修や外部からによるプロジェクト支援の導入をご検討されているご担当者様や、業務改善のスピードと品質向上・定着化にお悩みの企業様を対象とした「課題管理で始める継続的な業務改善 ボトムアップ型・生産性向上無料セミナー」を2016年5月26日(木)に開催いたします。

■課題管理とは
課題管理とは、見つけた課題を一覧化し、解決までの経過と結果を記録・共有するマネジメント手法です。
本セミナーでは、課題管理を活用して課題を着実に解決へ導くコツや、課題の発見から解決までのサイクルを業務改善に接続していくためのポイントをお伝えします。

■個の課題発見力が組織の課題を解決する
課題を解決するには、まずは課題を発見する力が必要です。 見過ごしたり埋もれている課題の掘り起こしにより、課題解決へ向けた動きが進み、滞っていた業務の流れがスムーズになります。
業務改善は生産性向上にもつながり、更なる課題発見・解決へとつながります。
課題がたくさん発見される=業務効率化が進む、という意識改革は、メンバーひとりひとりの課題発見力にて促進されます。

■なぜ業務改善に課題管理が必要なのか
個人やチーム・部署でバラバラに課題を管理していると見えない解決策も、関係するメンバーや部署と共有する事によって、 課題がより具体的になり、より精度の高い解決策を導く事ができます。
それぞれの課題が組織の課題と接続すれば、能動的な業務改善への動きにつながります。
トップやリーダーが課題を発見し解決への指示を出す「トップダウン型組織」から、 メンバー全員が課題を発見・共有する事ができる「ボトムアップ型組織」への整備のカギとなるのが、プロジェクトマネジメントをベースとした課題管理の技術なのです。

■株式会社マネジメントについて
課題管理を中心とするプロジェクトマネジメントの技術をもとにチームや組織のプロジェクト支援を行う会社です。
セルフマネジメント・プロジェクトマネジメント・組織マネジメントに関連する企業研修やワークショップの提供、プロジェクトの継続支援、コンサルティング、解説サイトの運営などを通じて、ビジネスや社会活動の現場でプロジェクトに関わる方々を支援します。
また、課題を発見・解決するプロセスを誰でも身につけられるよう、プロジェクトマネジメントWebサービス「TIMESLIST(タイムズリスト)」や課題管理表テンプレート等、使いながら学べるツールの提供を行っています。

【セミナー開催概要】
▼タイトル
課題管理で始める継続的な業務改善 ボトムアップ型・生産性向上無料セミナー

▼開催日時
2016年5月26日(木)16:00〜18:00

▼会場
BSIグループジャパン(株) 5階会議室
※BSIグループジャパン株式会社について
BSIグループジャパン株式会社(略称:BSI ジャパン、英語名:BSI Group Japan K.K.)は、BSI (British Standards Institution, 英国規格協会)グループの一員であり、マネジメントシステム審査登録、医療機器認証サービス、ISO規格を中心とした研修・トレーニング、規格関連情報や、リスク低減ツール、規格策定サービスのご紹介など、幅広い分野にわたってお客様に付加価値を提供しているトータル・ソリューション・カンパニーです。

▼定員
20名

▼講師
株式会社マネジメント 音羽 真東(おとわ まさと)

▼申込先
ビジネス+IT事前登録ページより
http://www.sbbit.jp/eventinfo/33955/

▼お問い合わせ
Think! MANAGEMENT. お問い合わせフォーム
http://mngmnt.jp/contact/
※題名に「プレスリリース」と明記ください。

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る