• トップ
  • リリース
  • コスト削減支援協会が北梅田HRMパートナーズと提携「ノーマライゼーション・マネジメント検定」を展開

プレスリリース

一般社団法人コスト削減支援協会

コスト削減支援協会が北梅田HRMパートナーズと提携「ノーマライゼーション・マネジメント検定」を展開

(DreamNews) 2016年04月20日(水)09時00分配信 DreamNews

コスト削減商品及びその差別化研究を行う、一般社団法人コスト削減支援協会(本社:東京都港区、代表:堀裕介)は、社会保険労務士事務所北梅田HRMパートナーズ(本社:大阪市北区、代表:社会保険労務士 田中義人)と提携し、北梅田HRMパートナーズ及び特定非営利活動法人地域キャリア支援センターのサービスである「ノーマライゼーション・マネジメント検定」の拡販の支援を平成28年4月1日より行うことになりました。

一般社団法人コスト削減支援協会は、北梅田HRMパートナーズと新たに提携し、平成28年4月1日より、北梅田HRMパートナーズと特定非営利活動法人地域キャリア支援センターが提供するサービスである「ノーマライゼーション・マネジメント検定」の拡販の支援を行います。(ノーマライゼーション・マネジメントは、商標登録申請を行っております。)
「ノーマライゼーション・マネジメント検定」は平成28年4月から施行される、障害者差別解消法及び改正障害者雇用促進法に基づいた教育研修と、その結果の見える化を促すものです。
この検定制度の導入により、例えば、障がいを持った方の就職希望にどのように対応するかの統一や、社内窓口担当者の教育水準の確認などが可能となります。
そして、そのような企業が増えることで、社会の各種の障害への理解が進み、偏見や差別が解消され、誰もが障害を意識せず共生できる社会が達成される。この理念の元に、開始するのが「ノーマライゼーション・マネジメント検定」です。
「ノーマライゼーション・マネジメント検定」は、障害者差別解消法及び改正障害者雇用促進法の趣旨に基づき、「社内研修会の開催」「ノーマライゼーション対応管理者等の社内検定規程の策定」といったプログラムを導入することで、障害者差別解消法・改正障害者雇用促進法への対応を支援するものです。
当協会では「ノーマライゼーション・マネジメント検定」を協会事務局及び所属企業を中心に紹介代理店、販売代理店として活動して拡販につとめる予定でございます。


<当団体>
団体名  : 一般社団法人 コスト削減支援協会
所在地  : 東京都港区高輪3-25-27-301
代表理事 : 堀 裕介
設立   : 2013年 5月 1日
提供事業 : 企業支援サービス / 所属協会員に対する各種支援サービス
お問合せ : info@crsa.jp 電話: 0120-3704-49
WEB  : http://www.crsa.jp

<提携先>
社名   : 北梅田HRMパートナーズ
所在地  : 大阪市北区中崎西4丁目3番32号タカ大阪梅田ビル5F
代表者  : 社会保険労務士 田中義人
提供事業 : 社会保険労務士業
お問合せ : 0120-394864(さんきゅーしゃろうし)
WEB  : http://394864.jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る