• トップ
  • リリース
  • 2016年4月29日(祝)ホテル賀茂川荘にて【薪能(たきぎのう)】開催!能楽師 【野村萬斎】【上田拓司】が純日本庭園の中で【能】を舞い、幽玄の世界を創る〜 伝承の美に酔いしれる極上の時間(とき) 〜

プレスリリース

株式会社湯坂遊園

2016年4月29日(祝)ホテル賀茂川荘にて【薪能(たきぎのう)】開催!能楽師 【野村萬斎】【上田拓司】が純日本庭園の中で【能】を舞い、幽玄の世界を創る〜 伝承の美に酔いしれる極上の時間(とき) 〜

(DreamNews) 2016年03月23日(水)11時00分配信 DreamNews

ホテル賀茂川荘(所在地:〒725-0002広島県竹原市西野町西湯坂445 代表取締役 奥田 哲也(おくだ てつや)は、2016年4月29日(祝)に同ホテルの庭園内の能舞台にて【薪能(たきぎのう)】を開催することを決定した。狂言【長光】を野村萬斎が、能【芦刈】を上田拓司等の能楽師がそれぞれ舞う。このイベントを通じて、竹原(同ホテル所在地)の地域文化の振興にも貢献していく

ホテル賀茂川荘(所在地:〒725-0002広島県竹原市西野町西湯坂445 代表取締役 奥田 哲也(おくだ てつや)は、2016年4月29日(祝)に同ホテルの庭園内の能舞台にて【薪能(たきぎのう)】を開催することを決定した。狂言【長光】を野村萬斎が、能【芦刈】を上田拓司等の能楽師がそれぞれ舞う。
室町の初めから今日まで、忠実に伝承されてきた能は、純和風の庭園の中で舞うことで独自の幽玄の世界を創りだす。このイベントを通じて、能の伝承美の素晴らしさを、一人でも多くの人に伝えることで、竹原(同ホテル所在地)の地域文化の振興にも貢献できるよう、毎年恒例のイベントとして開催していく。

◆◇開催詳細◇◆
■【日時】平成28年4月29日(祝) 雨天決行
■ 【開場】 17時30分/開演 19時00分
■【場所】日本庭園能舞台「月花殿」
■【演目】狂言「長光」和泉流 野村萬斎 / 能「芦刈」観世流 上田拓司
■【料金】◎ご宿泊鑑賞券
(指定席)¥27,000〜
◎日帰り夕食付鑑賞券
(指定席)¥14,800
(自由席)¥13,800
◎鑑賞券
(自由席)¥9,800
  ※価格はいずれも税別価格です。
  ※暴風雨等荒天の場合はやむなく公演を中止することがあります。
  ※指定席の配席はご入金確認順となりますため、お席の指定はお受けできません。
■【無料送迎】要予約
JR広島駅北口 (1)便 15:00発 (2)便 17:00発
JR白市駅   (1)便 16:00発 (2)便 17:00発
JR竹原駅   (1)便 15:40発 (2)便 17:00発
※日帰りのお客様 お送りバスは終演後出発
※宿泊のお客様  お送りバスは翌日9時20分出発予定。
*日帰り/ご宿泊とも、お送りはJR白市駅またはJR竹原駅までとなります
※宿泊部屋はすぐに満室になる可能性がございますので、ご予約はお早めに!

■ご予約 電話予約
 フリーダイヤル:0120-55-8080
■定員になり次第締め切らせていただきます。
■薪能詳細:http://kamogawaso.co.jp/?p=1824

◆◇出演者プロフィール◆◇

観世流 上田拓司 
昭和34年2月、上田招也の次男として神戸に生まれる。2歳で初舞台。上田四兄弟で亡父より【上田観正会】を引き継ぐ【あさひ能】【照の会】を主催。海外公演にも度々参加し、内外で幅広く活躍。

◆◇和泉流 野村萬斎◆◇
 昭和41年野村万作の長男として東京に生まれる。【ござるの座】を主宰し、新たな視点で狂言に取り組む。テレビ・映画・舞台と幅広く活躍し、現在狂言界で最も注目を集めている。

■湯坂温泉 ホテル賀茂川荘 概要
~緑に力をもらう 泊まる美術館~
【住所】広島県竹原市西野町西湯坂445
【TEL】0120-55-8080 
【公式サイト】http://kamogawaso.co.jp/
【客室数】 45室
(ロイヤルルーム、離れ客室 弘陽亭、東館和洋室、本館和洋室、和室など)
【アクセス】広島空港、JR東広島駅から車にて15分

■■本件に関するお問い合わせ先■■
ホテル賀茂川荘:宮 成 伸 治
TEL: 0846-29-0211
e-mail: info@yusakayuen.com
公式サイト:http://kamogawaso.co.jp/


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る