• トップ
  • リリース
  • 横浜市立大学 長寿科学研究室は、先端生命端科学とアーユルヴェーダを融合し、育毛効果を有するハーブレシピを開発!!

プレスリリース

横浜市立大学 長寿科学研究室

横浜市立大学 長寿科学研究室は、先端生命端科学とアーユルヴェーダを融合し、育毛効果を有するハーブレシピを開発!!

(DreamNews) 2016年03月14日(月)16時00分配信 DreamNews

横浜市立大学 生命ナノシステム科学研究科 長寿科学研究室(鮎澤 大 名誉教授・客員教授)は、インド五千年の長寿の科学「アーユルヴェーダ」が利用する膨大な植物利用体系に着目し、「育毛/発毛」に有益とされるハー ブを多数選び出し、それらの生理作用を検証した。高齢者の脱毛は頭皮と毛包の老化に起因するので、毛髪の再生には頭皮と毛包の若返りが必須であるという戦略に立つ。

横浜市立大学 生命ナノシステム科学研究科 長寿科学研究室(鮎澤 大 名誉教授・客員教授)は、インド五千年の長寿の科学「アーユルヴェーダ」が利用する膨大な植物利用体系に着目し、健康や美容に有益なハーブ (寿命延長、美肌再生など)を探索した。この生理活性物質の宝庫から、「育毛/発毛」に有益とされるハー ブを多数選び出し、それらの生理作用を検証した。一部については作用機序を解明している。今回、18種類のハーブを組み合わせ、顕著な育毛作用を示し、副作用のない育毛レシピを考案した。高齢者の脱毛は頭皮と毛包の老化に起因するので、毛髪の再生には頭皮と毛包の若返りが必須であるという戦略に立つ。モニター試験(6ヶ月)により、男女を問わず80%以上の被験者が満足したと報告している。安全な「発毛効果」を、多くの方々に届けられるよう2016年3月中を目途に発売を検討中である。
●開発者:鮎澤 大 プロフィール
埼玉県立がんセンター 主任研究員
英国がん研究所(ICRF)訪問研究員
国立遺伝学研究所 助教授
東京大学 分子細胞生物学研究所 助教授
横浜市立大学 木原生物学研究所 教授
イチバンライフ株式会社 設立

●横浜市立大学 生命ナノシステム科学研究科 長寿科学研究室
ホームページ http://antiage.sci.yokohama-cu.ac.jp

●私たちは老化と不老の基礎研究に長年従事してきた。個体老化の主因である細胞老化の分子機序を初めて明らかにし、その抑制法をいくつか提唱している。最近、老化細胞が若返ることを初めて実証した*。老化不老の研究過程で、「アーユルヴェーダ」に出会う。その不老長寿理論は私たちの不老長寿理論と同一であった。昨今、健康長寿への関心が高まっているが、その実現には西洋科学の方法論と 生命全体を対象とする東洋科学の智慧の両者が必要である。基礎研究の成果を社会に還元するため 、健康長寿製品の開発にも着手した。そのためには、一切の妥協を排する科学的精神を貫いている。製品開発を通して、中高年者の美容健康の増進、快適な長寿社会の実現に貢献したいと考えている。
*本発見は2015年12月Nature姉妹誌「Scientific Reports」において発表された。

●お問い合わせ先
横浜市立大学 生命ナノシステム科学研究科 長寿科学研究室
電話:045-787-2213  メール:kmiki@yokohama-cu.ac.jp
担当:三木、藤井


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る