プレスリリース

SBSホールディングス株式会社

横浜事業所にて次世代蛍光灯直管形CCFL照明導入

(DreamNews) 2016年03月14日(月)10時00分配信 DreamNews

SBS即配サポート株式会社(社長:久原誠、本社:東京都江東区)は、自社の産業廃棄物中間処理施設である環境事業部横浜事業所内に設置している、OAリサイクルセンターおよび処理後選別ラインエリアの蛍光灯を、全てCCFL照明に交換いたしました。

SBS即配サポート株式会社(社長:久原誠、本社:東京都江東区)は、自社の産業廃棄 物中間処理施設である環境事業部横浜事業所内に設置している、OAリサイクルセンターお よび処理後選別ラインエリアの蛍光灯を、全てCCFL照明に交換いたしました。

 SBS即配サポート環境事業部は、SBSグループにおける「静脈物流」のプロフェッショナル集団とし て、循環型社会の構築に貢献しています。SBS即配サポートが運営する中間処理施設の東雲事業所(東京 都江東区)と横浜事業所(横浜市金沢区)では、廃棄物の収集・運搬から中間処分、再生原 料化までの一貫処理が可能で、1日あたり合計 370 トンの廃棄物の中間処理が可能です。

 このたびSBS即配サポートでは、横浜事業所2階に設置しているリサイクルセンターと処理後選別作業 ラインエリアの蛍光灯の経年劣化に伴い、LED照明より機能が進化し近年注目されている CCFL照明の導入を決定。2月 27、28 日の2日間で、既存照明設備の解体工事およびCC FL蛍光灯 144 基と専用電子安定器、照明器具等の据付設置工事を完了いたしました。

【導入したCCFL照明概要】
製造販売 : 日本エコ照明(株)
型番 : NGCKTU201
型式 : CCFL 照明器具 反射笠器具(笠付) 40W 形
サ イ ズ : 150×1225mm
消費電力 : 56W
設置数 : 144 基 照明器具を交換しCCFL電球を導入
設置面積 : 720 m2(218 坪)
「次世代蛍光灯」とも呼ばれるCCFL蛍光灯は、一般的なLED照明と同等の寿命と省 電力機能があり、経済性に優れており、加えてLED照明よりも柔らかく自然光に近い安定 した光を発します。ブルーライトの発生量も少ないことから作業者の目にも優しく、VDT 作業環境に適合した光源としても評価されています。

 個人情報・企業機密等の漏えい対策強化のニーズは、組織のコンプライアンス強化に伴い 今後ますます多様化し増加していくと考えられます。OA機器の安全・確実な廃棄処理が可 能なSBS即配サポート横浜事業所のリサイクルセンターは、お客様のご要望に迅速・確実にお応えできる よう現場の生産性向上のために、施設や設備の拡充を積極的に検討してまいります。

以上

※CCFL(Cold Cathode Fluorescent Lamp)
 冷陰極蛍光管照明。フィラメントでの過熱無しで熱電子を放出させるタイプの蛍光灯。パソコンの モニターや液晶テレビのバックライト等に40年来利用されてきた信頼性の高い光源。

■ご参考
<SBS即配サポート株式会社概要>
本社:東京都江東区新砂1丁目5番29号
代表者:代表取締役社長 久原 誠
設立:1993年3月
親会社:SBSホールディングス株式会社(持株比率100%)
資本金:1億円 (2015年7月現在)
従業員数:528名 (2015年3月末現在)
拠点数:22拠点(本社、即配事業部9、パートナー事業部5、環境事業部2、KR事業部5(うち海外1か所))
事業内容:企業間の小口荷物を一都三県で集荷・配達する即配事業、特定企業の専属宅配便に特化したパートナー事業、ゼロ・エミッションを目指し産業廃棄物を中間処理する環境事業、店舗用什器製品に関する製造・物流事業(KR事業部)

URL:企業サイト
http://www.sbs-sokuhaisupport.co.jp/spl/
中間処理施設のご案内
http://www.sbs-sokuhaisupport.co.jp/spl/service/destination/

【横浜事業所 概要】
許可番号:横浜市5620014605
所在地:〒135-0062 神奈川県横浜市金沢区幸浦2−2−5
処理方法・能力:破砕106.56t/日、圧縮141t/日、溶融1t/日、切断10.22t/日
産業廃棄物の種類:(1)廃プラスチック類 (2)金属くず (3)ガラスくず、コンクリートくず
及び陶磁器くず (4)紙くず (5)木くず (6)繊維くず (7)かれき類

■本件に関するマスコミからのお問い合わせ先
SBSホールディングス株式会社
IR・広報部 南 輝子
TEL:03-3829-2240/e-mail:contact11@sbs-group.co.jp
※当資料に掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る