• トップ
  • リリース
  • 大学入試改革により多様化する選抜方法。大学入試に代わる試験として、これからの拡大が考えられるTEAP試験の概要などを、城南予備校で3月21日(月・祝)から実施する「TEAPガイダンス」でご説明します。

プレスリリース

株式会社城南進学研究社

大学入試改革により多様化する選抜方法。大学入試に代わる試験として、これからの拡大が考えられるTEAP試験の概要などを、城南予備校で3月21日(月・祝)から実施する「TEAPガイダンス」でご説明します。

(DreamNews) 2016年03月11日(金)17時00分配信 DreamNews

「読む」「聞く」「書く」「話す」という4技能の実力を測る新しい英語能力試験、それが「TEAP」です。入試でそのスコアを利用する大学が増えつつあり、上手く使えば受験において有利になる可能性があります。城南予備校で3月21日(月・祝)から始まる「TEAPガイダンス」では、TEAP試験の概要と必要とされる力、入試における実際の運用について、GTEC CBTと比較しながらご説明します。

大学入試改革により多様化する選抜方法。大学入学希望者学力テスト(仮称)は、従来の「知識量のみを問う」テストに代わり、「4技能を総合的に評価できる問題の出題や民間の資格・検定試験の活用により、『読む』『聞くだけではなく『書く』『話す』も含めた英語力をバランスよく評価する』としています。このことから、TEAPは大学入試に代わる試験として、これから拡大していくと考えられます。城南予備校で3月21日(月・祝)から始まる「TEAPガイダンス」では、TEAP試験の概要と必要とされる力、入試における実際の運用について、GTEC CBTと比較しながらご説明します。

【TEAPとは】
Test of English for Academic Purposesの略語で、上智大学と公益財団法人 日本英語検定協会が共同で開発した、大学で学習・研究する際に必要とされるアカデミックな場面での英語連用力(英語で資料や文献を読む、英語で講義を受ける、英語で意見を述べる、英語で文章を書くなど)をより正確に測定するテストです。テスト形式は総合的な英語力を正確に把握することができるよう「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能で構成しています。

【試験内容】
総合的な英語力を正確に把握するために、4技能のカテゴリーで構成されています。
Reading Test…マークシートによる択一選択方式(70分)
Listening Test…マークシートによる択一選択方式(50分)
Writing Test…解答用紙への記入(70分)
Speaking Test…1対1の面接方式(約10分)

【2016年度大学入試でTEAPを利用できる大学】
上智大学、立教大学、中央大学、青山学院大学、東京理科大学、学習院大学など

【2017年度より導入予定大学】
筑波大学、早稲田大学、明治大学など

【TEAPガイダンス実施日時(すべて50分・参加費無料)】
・横浜校…3月21日(月・祝)20:00〜
・川崎校…3月21日(月・祝)20:00〜
・町田校…3月22日(火)20:00〜
・湘南藤沢校…3月23日(水)20:00〜
・金沢文庫校…3月24日(木)20:00〜
・自由が丘校…3月25日(金)20:00〜
・立川校…3月23日(水)20:00〜
・吉祥寺校…3月24日(木)20:00〜
・柏校…3月24日(木)20:00〜
・南浦和校…3月21日(月・祝)20:00〜

お申込みは城南予備校ホームページから
http://www.johnan.jp/exam/teap/

【本プレスリリースに関するお問合せ先】
株式会社城南進学研究社 宣伝企画室
TEL044-246-2071
FAX 044-246-5003
担当 水野 拓児 / 織田 聡
MAIL
Takuji_Mizuno@johnan.co.jp
Satoshi_Oda@johnan.co.jp

■株式会社城南進学研究社 について■
当社は、大学受験教育事業の「城南予備校」「城南AO推薦塾」「城南医志塾」、個別指導教育事業の「城南コベッツ」を軸に、キャリア教育の「城南就活塾」、乳幼児教育事業の「くぼたのうけん」「城南ルミナ保育園」等を運営しております。また、幼児さんすうスクール「SPICA」、連結子会社が運営する幼児・児童英語教室「ズー・フォニックス・アカデミー」も展開し、総合教育機関である「城南進研グループ」を形成しております。

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る