• トップ
  • リリース
  • コスト削減支援協会が北梅田HRMパートナーズと提携「マイナンバー対応支援室」を展開

プレスリリース

一般社団法人コスト削減支援協会

コスト削減支援協会が北梅田HRMパートナーズと提携「マイナンバー対応支援室」を展開

(DreamNews) 2016年03月08日(火)13時00分配信 DreamNews

コスト削減商品及びその差別化研究を行う、一般社団法人コスト削減支援協会(本社:東京都港区、代表:堀裕介)は、社会保険労務士事務所北梅田HRMパートナーズ(本社:大阪市北区、代表:社会保険労務士 田中義人)と新たに提携し、北梅田HRMパートナーズのサービスである「マイナンバー対応支援室」の拡販の支援を平成28年3月15日より行うことになりましたので、お知らせ致します。

一般社団法人コスト削減支援協会は、北梅田HRMパートナーズと新たに提携し、平成28年3月15日より、北梅田HRMパートナーズが提供するサービスである「マイナンバー対応支援室」の拡販の支援を行います。
「マイナンバー対応支援室」とは経営体力が大手企業よりも比較的弱い小規模事業者向けに、年々厳しさを増す個人情報の保護やマイナンバーの管理について、何から手をつけるべきかというご相談と実施へのプロジェクトです。
業績の向上にはどの企業もリソースの多くを割いていますが、もっと大切なことは「顧客の信頼を得て、企業を成長させる」ことではないでしょうか。そのなかでも今後恒常的に負担が大きくなる個人情報保護に関するコストの節減は全ての企業に共通した問題となります。
「マイナンバー対応支援室」とは、マイナンバーの管理を始めとする、個人情報保護についての支援を行うことにより、「社会」「企業」「従業員」の三方(さんぽう)よしというご提案するものです。
小規模事業者に多い、「ネットで見繕ったの雛形を書き換えただけの個人情報保護規程や個人情報保護誓約書」、「なんとなくで決まっている就業規則」の見直しや、丁寧に現状分析した上で、個人情報保護プロジェクト導入から実行までをサポートし、企業や社会の個人情報保護ニーズに応え、小規模企業の成長と社会貢献に寄与します。
当協会では「マイナンバー対応支援室」を協会事務局及び所属企業を中心に紹介代理店、販売代理店として活動して拡販につとめる予定でございます。


<当団体>
団体名  : 一般社団法人 コスト削減支援協会
所在地  : 東京都港区高輪3-25-27-301
代表理事 : 堀 裕介
設立   : 2013年 5月 1日
提供事業 : 企業支援サービス / 所属協会員に対する各種支援サービス
お問合せ : info@crsa.jp 電話: 0120-3704-49
WEB  : http://www.crsa.jp

<提携先>
社名   : 北梅田HRMパートナーズ
所在地  : 大阪市北区中崎西4丁目3番32号タカ大阪梅田ビル5F
代表者  : 社会保険労務士 田中義人
提供事業 : 社会保険労務士業
お問合せ : 0120-394864(さんきゅーしゃろうし)
WEB  : http://srmynumber.jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る