• トップ
  • リリース
  • アイビーシーがSkeedとのIoT事業に関する合弁会社設立に基本合意 〜性能監視技術とP2P自律分散ネットワーク技術を融合〜

プレスリリース

アイビーシー株式会社

アイビーシーがSkeedとのIoT事業に関する合弁会社設立に基本合意 〜性能監視技術とP2P自律分散ネットワーク技術を融合〜

(DreamNews) 2016年03月01日(火)17時00分配信 DreamNews

アイビーシー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:加藤 裕之、以下IBC)は、株式会社Skeed(スキード)(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO:明石 昌也、以下Skeed)との提携により合弁会社を設立する計画に基本合意いたしましたので、お知らせいたします。

IBCは、2002年10月の創業以来、ネットワークシステムの性能監視を中心にツールの開発・販売、性能評価サービスなどに特化したネットワークシステムベンダーです。2015年9月15日には東証マザーズに上場し、同分野において高い評価を得ております。特にビッグデータやIoT(Internet of Things、モノのインターネット)の活用が本格化し、障害予兆の特定が困難かつ複雑化していく環境の中で、コンピューター・ネットワークシステムの安定稼働や品質向上を実現するIBCソリューションの重要性はますます高まっています。

一方、Skeedは、創業以来培ってきたP2P(Peer to Peer)自律分散ネットワーク技術をベースに、IoT時代におけるネットワーク基盤の技術開発および事業化に向けてさまざまな活動を推進してきました。2013年には総務省の研究開発プロジェクト「ロバストなビッグデータ利活用基盤技術の研究開発」に同社の基盤技術が採択され、2015年7月には、富山県氷見市など自治体との協力による実証実験を実施、2016年2月には、北九州市における高齢者見守りサービス実証実験を実施しております。また、2015年5月には、AllSeen Allianceに加盟し、IoT基盤技術の標準化活動にも積極的に参画しています。

このたび、IBCが提供するコンピューター・ネットワークシステムの性能監視技術とSkeedが有するP2P自律分散ネットワーク技術の融合により、急速に立ち上がりつつあるIoT市場への新しいIoT情報基盤の開発および提供、またP2P技術の応用におけるブロックチェーン(分散台帳技術)などの先端的技術開発を目的に合弁会社を設立することで合意いたしました。

なお、合弁会社の設立および事業開始は2016年4月を予定しております。


<会社概要>

【アイビーシーについて】
社名:アイビーシー株式会社
住所:〒104-0033 東京都中央区新川一丁目8番8号 アクロス新川ビル2階
代表者:代表取締役社長 加藤 裕之
設立:2002年10月16日
資本金:402,830,000円
事業内容:ネットワークシステム性能監視ツールの開発/販売/サポート
     ネットワークシステムの性能評価サービス
     ネットワークシステムの設計・構築、コンサルティング
     各種機器、ソフト販売
URL:http://www.ibc21.co.jp/(コーポレートサイト)
   http://system-answer.com/(プロダクトサイト)

【Skeedについて】
社名:株式会社Skeed
住所:〒153-0063 東京都目黒区目黒一丁目6番17号 目黒プレイスタワー5階
代表者:代表取締役CEO 明石 昌也
設立:2005年4月26日
資本金:244,274,750円
事業内容:分散コンピューティング技術やネットワーク制御技術などを用いたソフトウェアによる、
     ネットワークソリューションおよびデータマネジメントソリューションの製品の企画、開発、販売
URL:http://skeed.jp/


<本件に関するお問い合わせ>

アイビーシー株式会社 広報担当
TEL:03-5117-2780
FAX:03-5117-2781
E-mail:info@ibc21.co.jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る