• トップ
  • リリース
  • 成長因子で有名なAQスキンソリューションズ社がアメリカ「City Beat news has proudly awarded」で顧客満足度NO.1に選ばれました!

プレスリリース

AQスキンソリューションズジャパン株式会社

成長因子で有名なAQスキンソリューションズ社がアメリカ「City Beat news has proudly awarded」で顧客満足度NO.1に選ばれました!

(DreamNews) 2016年03月02日(水)09時00分配信 DreamNews

■アメリカ「City Beat news has proudly awarded」でAQスキンソリューションズが顧客満足度No.1に選ばれました!

■アメリカ「City Beat news has proudly awarded」でAQスキンソリューションズが顧客満足度No.1に選ばれました!
2016年2月吉日、アメリカの「City Beat news has proudly awarded」で行われた独自調査にて、もっとも顧客満足度のもっとも高いブランド(メーカー)に選ばれました!
「City Beat news has proudly awarded」はアメリカのCBNが独自に調査を行い、評価する、辛口で名を馳せるAwordです。
そんな厳しい審査を経て、今回、アメリカのAQスキンソリューションズ社が、顧客満足度でNO.1に選ばれました!これはアメリカAQスキンソリューションズ社が発足してから初の快挙となります!
http://awards.citybeatnews.com/24779/mission-viejo-ca-aq-skin-solutions-inc

■数多くの世界の皮膚科学会などでも絶賛された、Dr.アーメッドの成長因子(グロースファクター)を主成分としたAQSkinSolutions製品
グロースファクターの高い治療効果は各学会や論文発表によって証明済みであり、近年GFは、頭皮をはじめ皮膚治療に積極的に使用されはじめている。医学上・治療上の有効性から、本格的なドクターズ・コスメとして、特に医療先進国である米国を始め、イギリス、フランス、イタリア、フィリピン、インドネシア、そして中東諸国など、世界規模で、大きな反響を呼んでいる。
商品名:「Advanced Hair Complex+」アドンストヘアーコンプレックス
価 格:¥30,000
特 徴:頭髪が減少する因子(原因)に直接、働きかけ、健康で若々しい頭皮に修復・改善。

商品名:「Active Serum」アクティブセラム
価 格:¥15,000
特 徴:顔、首、胸などの肌(皮膚)のしわ、たるみが、速やかに減少。日焼けや加齢によるしみが徐々に減少。

商品名:「Eye Serum」アイセラム
価 格:¥10,000
特 徴:“カラスの足跡”状のしわや、しみの修復。目の下のくまを改善・修復。たるんだ皮膚の修復、引き締め。

商品名:「Recovery Serum」:リカバリーセラム
価 格:¥25,000
特 徴:病院・クリニックなどでの外科的な治療後の皮膚を速やかに修復。外傷、しゅさ、にきびなどから起こる、皮膚の炎症、赤はん、などの治療。

商品名:Lash (ラッシュ)
価 格:¥13,500
特 徴:まつげ(まゆげ)を副作用など全くなく、安全に、ながく、太く、若々しいものにします。

商品名:DVS(ディーブイエス)
価 格:¥25,000
特 徴:膣乾燥症を改善します。かゆみや炎症が、速やかに減少します。気になるにおいが徐々になくなります。
<会社概要>
■社   名:AQ Skin Solutions Inc.
■本   社:23263 Madero Suite B Mission Viejo, California 92691 United State of America
■代 表 者:代表取締役社長 Dr. Ahmed Al-Qahtani (医学博士・医科大学教授)

<AQ スキンソリューションズジャパン 会社概要>
■社   名:AQスキンソリューションズジャパン株式会社
■本   社:東京都足立区千住橋戸町1-21 1F
■代 表 者:代表取締役社長 林修一郎
■お問合わせ:info@aqss.jp
■業   務:医療器具・機器輸入販売、個人輸入代行業務
■サイトURL:http://aqss.jp
■ECサイトURL:http://aqss-japan.com/


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る