• トップ
  • リリース
  • マンGLGの新興国市場債券運用戦略のポートフォリオ・マネジャーにギエモ・オセが就任

プレスリリース

マンGLGの新興国市場債券運用戦略のポートフォリオ・マネジャーにギエモ・オセが就任

(DreamNews) 2016年01月25日(月)17時30分配信 DreamNews

2016年1月25日発表(英国現地時間)※本プレスリリースは、2016年1月25日に英国で発表された英文プレスリリースの抄訳版です。

英マン・グループの定性判断運用部門であるマンGLGは、米国・ニューヨークを拠点とする新興国市場債券運用戦略のポートフォリオ・マネジャーに、ギエモ・オセ(Guillermo Osss)が就任したと発表しました。

同氏は新興国市場の債券運用において24年の経験があり、このたび、HSBCグローバル・アセット・マネジメントを経て、マンGLGの新興国市場債券運用戦略のポートフォリオ・マネジャーに就任しました。2011年HSBCに入社し、同社の新興国市場債券運用事業を率い、200億ドル超の資産を運用した実績があります。HSBC入社以前は、PIMCOで新興国市場債券ポートフォリオ・マネジャー、またバークレイズ・キャピタルおよびドイツ銀行においても新興国市場を担当してきました。

同氏は、アルゼンチンの大学Universidad Catlica de Crdobaで経営学士号を、またマサチューセッツ工科大学スローン経営学大学院でMBAを取得しています。

このたびの同氏の就任は、昨年のシルバーマイン・キャピタル・マネジメントの統合と、米国ディストレス債戦略のポートフォリオ・マネジャーのヒマンシュー・グラティの採用に続くものであり、マンGLGの米国市場におけるプレゼンスを強化し、投資機会をさらに拡張するための弊社の取り組み姿勢を示すものです。

ギエモ・オセは、マンGLGの共同CEOであるトーン・ジョンストンにレポーティングを行います。

マンGLGの共同CEOであるトーン・ジョンストンは、「ギエモの入社は非常に喜ばしいことであると考えています。彼は豊富な運用経験と独自の投資プロセスを有しており、新興国の債券運用とチームのマネジメントに関して定評があります。新興国市場債券運用戦略のポートフォリオ・マネジャーとして、債券市場における投資機会を拡張し、これまで以上に質の高い運用サービスを投資家の皆様にご提供できるよう力を発揮してくれるものと考えています」と述べています。

また、ギエモ・オセは、「マンGLGはパフォーマンスを重視する企業であり、上場会社としてのガバナンスを持ちながら、起業家的精神を尊重するとともに、チームでの協働を重視するという魅力的な企業文化をもっています。このような企業に加わり、トーン・ジョンストン共同CEOならびにチームとともに、最高水準の新興国市場債券運用戦略の構築に力を発揮できることを大変嬉しく思います」と語っています。

マン・グループについて
マン・グループは、世界最大級の独立系オルタナティブ運用会社です。
マン・グループは、4つの運用部門(Man AHL、Man FRM、Man GLG、Man Numeric)を有し、株式、クレジット、マネージド・フューチャーズ、転換社債、新興国市場およびマルチマネジャー・ソリューションなど、多様なヘッジファンド戦略とロング・オンリー戦略を提供しています。 2015年9月30日時点でのマン・グループの運用資産は768億ドルです。

1783年に創業されたマン・グループplcは、ロンドン証券取引所に上場しており、FTSE250指数の構成銘柄です。ティッカーコードはEMG.Lです

マン・グループは、マン・ブッカー賞(文学)のスポンサーシップを含む世界中の多くのアワードや慈善活動にも取り組んでいます。詳しくは、www.man.comをご覧ください。

マン GLGについて
マンGLGは1995年に設立され、2010年にマン・グループに統合されました。2015年9月30日現在の運用資は310億ドルです。さまざまな資産クラス、セクター、地域にまたがり、世界の機関投資家を中心に、定性判断に基づいたヘッジファンド戦略とロング・オンリー戦略を提供しています。

マンGLGのポートフォリオ・マネジャーは、マクロのハウスビューは持たず、チームで協働しながら運用を行っています。

マンGLGの140名の運用プロフェッショナルの大半はロンドンを拠点にしていますが、ニューヨーク、香港、東京そしてスイスのフェフィコンにもそれぞれチームを配属しています。詳細は、www.glgpartners.comをご覧ください。


重要事項
投資元本およびその収益には増加とともに減少の可能性があり、投資家は投資元本を回収できない場合があります。また、代替投資には大きな追加的リスクを伴う場合があります。

本プレスリリース(以下、「本資料」)は、情報提供のみを目的としており、マン・グループの関係会社が投資助言その他のサービスを提供する金融商品についての推奨や勧誘を行うものではありません。本資料は、受け手の個別具体的事情を考慮したものではなく、何らかの投資や運用戦略の妥当性ないし適合性についてアドバイス、推奨または意見表明を行うことを意図したものではありません。

本資料に示された意見は、それらが公表された時点における作成者の意見であり、変更されることがあります。

本資料には、目標、戦略、見通しなど、過去の事実の叙述ではない内容つまり「将来の見通しに関する記述」が含まれており、それらはその公表時点現在の指標と予測に基づいたものです。当社は、将来の見通しに関する情報を更新ないし改定する責任は負いません。将来の見通しに関する記述はリスクと不確実性を孕んでおり、それら記述が暗示する結果と実際の結果に大きな相違が生じる場合があります。

本資料は、マン・グループの関係会社により配布されました。親会社であるマン・グループ(Man Group plc)は、Riverbank House, 2 Swan Lane, London, EC4R 3ADに本社を置き、イングランドおよびウェールズにおいて登記されています(会社登記番号:08172396)。



報道機関からのお問い合わせ先:

■マン投資顧問会社東京支店
担当: 入倉 周
電話: 03-5157-8280
Eメール: shu.irikura@man.com

■マン・グループ英国本社(英語対応のみ)
Man Group
担当: Rosanna Konarzewski
電話: +44 20 7144 2072
Eメール: media@man.com

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る