• トップ
  • リリース
  • 大和ソフトウェアリサーチ、聯迪恒星(南京)信息系統有限公司戦略的開発業務提携に関する基本合意書締結のお知らせ

プレスリリース

株式会社大和ソフトウェアリサーチ

大和ソフトウェアリサーチ、聯迪恒星(南京)信息系統有限公司戦略的開発業務提携に関する基本合意書締結のお知らせ

(DreamNews) 2015年12月22日(火)09時00分配信 DreamNews

株式会社大和ソフトウェアリサーチと聯迪恒星(南京)信息系統有限公司は、相互の得意分野を活かした戦略パートナーとして開発業務提携の条件交渉を進めるために基本合意書を締結いたしました。

株式会社大和ソフトウェアリサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:竹末 圭五、以下 DSR)と聯迪恒星(南京)信息系統有限公司(本社:中国南京市、代表取締役社長:沈栄明、以下 LIANDI)は、2015年12月22日に相互の得意分野を活かした戦略パートナーとして開発業務提携の条件交渉を進めるために基本合意書を締結いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

1.本提携の背景と目的
DSRは、中期経営計画の一環として2017年度までに現在の売上高の1.5倍を計画しております。我が国のSI事業においては慢性的な人材不足、及び新たなIT技術の台頭により、確かなシステム品質の提供と精緻なプロジェクト管理が課題となっております。このような背景から、DSRとLIANDIは、2006年から主に保険・共済を中心とした金融分野の開発においてオフショア開発契約を締結し、これまでに数々の開発案件を成功させてまいりました。現在は、DSRが手掛ける大手共済団体の次期システム開発の主要開発委託先のひとつとしてLIANDIにオフショアによる開発を委託しております。
両社のこのような関係を活かし、今後は更なる戦略的開発提携を行うことにより、LIANDIが保有するCMMI レベル5のソフトウェアプロセス管理および高度な開発技術、豊富な人材を活用することで、DSRが長年にわたり蓄積してきた保険・共済業務ノウハウを組み合わせ、保険・共済を主とする金融分野で、お客様のニーズに応じた高品質、高効率、高満足度のサービスを安定的に提供してまいります。

2.提携の具体的な内容
LIANDI内に部外者立ち入り防止、情報持ち出し防止等の対策を施したDSR専用セキュリティールームを設置し、固定メンバーにより保険・共済システムを中心とした金融システムの開発を行います。
この開発部隊に、業務ノウハウ、システムノウハウを蓄積することにより、開発作業だけに留まらず保守的作業まで安定的に実施できるようになります。さらに、この部隊を核にして大規模案件への対応を、高品質、高効率、低コストで実現することを目指します。


【お問い合わせ先】
株式会社大和ソフトウェアリサーチ
http://www.dsr.co.jp
上席執行役員総合企画室長 足立 信広
TEL/03-3262-8577 FAX/03-3262-8867
Email : adachi@dsr.co.jp

聯迪恒星(南京)信息系統有限公司
http://www.liandisys.com.cn/homepage/jsp/m/jp/home.html
営業本部 部長 林 茂華
TEL/+86-25-8324-9500 FAX/+86-25-8324-9600
Email : linmh@liandisys.com.cn

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る