プレスリリース

Jinko Solar株式会社

パリ協定を採択、ジンコソーラーが低炭素発展に促進する

(DreamNews) 2015年12月18日(金)09時00分配信 DreamNews

パリで行われていた国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)は2週間にわたる交渉の末、現地時間12月12日に「パリ協定」を採択して閉幕した。史上初めて、196カ国・地域が温室効果ガスの削減に参加する枠組みの誕生に期待がかかる。

パリで行われていた国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)は2週間にわたる交渉の末、現地時間12月12日に「パリ協定」を採択して閉幕した。史上初めて、196カ国・地域が温室効果ガスの削減に参加する枠組みの誕生に期待がかかる。安倍晋三首相はCOP21に向けた日本の対応として、途上国の温暖化対策に対する支援額の増額と、気候変動対策と経済成長を両立させる革新的技術の開発を推進する方針を発表した。温暖化対策となる革新的技術の開発では、来春までに『エネルギー・環境イノベーション戦略』を取りまとめる。


日本は太陽光発電大国と共に、中国PV産業の 最大輸出先国である。この度、COP21に参加したジンコソーラーが日本市場に長年にわたり進出した。ジンコソーラーの製品が豪雪地帯や海岸塩害地帯などの悪条件な環境下でも発電することが可能である、日本ではよく採用されている。地面発電所から家庭用太陽光発電まで、ジンコソーラーの製品がたくさん設置されている。


2015年12月ジンコソーラーが中国工業と情報化部「Ministry of Industry and Information Technology」及び財政部によって「 205年技術革新の国内モデル企業」に合同認証された。これらのことはジンコソーラーが「 全国工業ブランド育成模範企業」に認証された以来の、もう一つの栄誉である。これら2つの賞を受賞したことにより太陽光発電業界をリードできるよう、これからもジンコソーラー製品の品質と技術への向上を目指していきたい。そしてこれらの受賞を果たせたことは、ジンコソーラー製品が皆様からの信頼があってこそ世間に認められたのだ。


COP21の期間中、ジンコソーラーは社会責任感を持っている企業として、ヨーロッパ、ブラジル、インド、アメリカなどの150カ国79社の企業と共に、「気候CEO連盟」を結んで、「気候協議公開状」を発表した。この連盟は自発的に自身の温室効果ガスの削減目標を作成して、国際協力を通して、その削減目標を実現させる。


「日本が温室効果ガス削減への取り組むことを信じています。弊社はできる限り産業優勢を持って、日本の新エネルギー産業の発展に役立つと思っています。2016年ジンコソーラーは、引き続き日本市場を重視して、生産を最適化する上に、新製品の開発を推し進め、「エネルギーの構造を変え、未来を担う」のビジョンを実現したいです。」とジンコソーラーの李仙徳董事長が日本の太陽光発電市場についての評価をしている時にこのようにコメントをした。

▽ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業の世界大手である。ジンコソーラーは自社ソーラー製品を流通させて、中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国・地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に同社ソリューションとサービスを販売している。ジンコソーラーは2015年6月30日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、シリコン・インゴットとウエハーで3GW、ソーラーセルで2.5GW、ソーラーモジュールで4GWの年間総発電容量がある。ジンコソーラーはまた中国国内で電気を販売しており、2015年6 月30日時点で、約725MWの太陽光発電プロジェクトをグリッドに接続している。

ジンコソーラーは中国・江西省と浙江省、ポルトガル、南アフリカ、マレーシアに5つの生産施設、中国、スペイン、英国、UAE、ヨルダン、サウジアラビア、エジプト、モロッコ、ガーナ、ブラジル、コスタリカ、メキシコに12の世界販売オフィス、ドイツ、イタリア、スイス、米国、カナダ、オーストラリア、シンガポール、日本、インド、南アフリカ、チリに11の海外子会社に1万5000人余りを雇用している。

さらに詳しい情報はwww.jinkosolar.com を参照。


住所:103-0026東京都 中央区日本橋兜町13番2号 兜町偕成ビル本館9階
代表電話:03-6661-0899
FAX番号:03-6661-0129
ホームページ:http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る