プレスリリース

Jinko Solar株式会社

ジンコソーラーが「今日変革進歩賞」を受賞

(DreamNews) 2015年12月11日(金)18時00分配信 DreamNews

パリ、2015年12月8日、世界大手のPV企業、ジンコソーラーは、パリで開催される国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)において、気候変動に関する国際連合枠組条約組織、中国低炭素聯盟、米国環境防衛基金( Environmental Defense Fund)と中国低炭素委員会より「今日変革進歩賞(Today’s Transformative Step 2015)」を受賞した。

パリ、2015年12月8日、世界大手のPV企業、ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.、NYSE: JKS)は、パリで開催される国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)において、気候変動に関する国際連合枠組条約組織、中国低炭素聯盟、米国環境防衛基金( Environmental Defense Fund)と中国低炭素委員会より「今日変革進歩賞(Today’s Transformative Step 2015)」を受賞した。本賞は低炭素化経営を行う企業び地方政府を表彰することである。


唯一のPV企業代表として、ジンコソーラーがCOP21での中国ブースで行われた「中国企業低炭素行動」を参加し、そして海外代表の皆さんに低炭素化推進活動においての経験を分かち合うことができた。


同社李仙徳董事長は以下のようにコメントした。
第一、低炭素化の推進は経済活動の中止、作業量の削減、電力使用の低減と暖房供給の中止を前提で実施することではない。それに対して、石炭・石油の代わりに電力で暖房供給、炊事、運転をして、またエネルギーの生産端は太陽光発電を利用する。


第二、過去5年間において、ジンコソーラーのようなPV企業が技術革新で太陽光発電のコストを2/3まで削減し、太陽光発電の価格と伝統的なエネルギーと相当になった。更に、太陽工発電はクリーン、安全、高効率と高信頼性を持っており、地域気候の影響にも関わらず、推進・普及できるエネルギーとなっている。それは、中国PV業界が世界低炭素化への貢献に加え、本会議を有意義にする原因だと考えられる。


第三、石炭買取価格の導入と石炭取引市場の設立は、エネルギーにに対する依存性の高い企業に負担させることがない、それは以下のことを意識するためである。1)環境にはコストが必要なので、火力発電により発生した二酸化炭素の軽減にはコストが更に高くなり、時間が長くなるほど、コストが高くになる。2)企業が環境改善には責任がある。3)低炭素化と発展は矛盾ではなく、石炭買収価格の導入が良い機会とされている。遊休地や工場の屋上を利用して、太陽発電の導入で収益を倍増させる。


▽ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業の世界大手である。ジンコソーラーは自社ソーラー製品を流通させて、中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国・地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に同社ソリューションとサービスを販売している。ジンコソーラーは2015年6月30日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、シリコン・インゴットとウエハーで3GW、ソーラーセルで2.5GW、ソーラーモジュールで4GWの年間総発電容量がある。ジンコソーラーはまた中国国内で電気を販売しており、2015年6 月30日時点で、約725MWの太陽光発電プロジェクトをグリッドに接続している。

ジンコソーラーは中国・江西省と浙江省、ポルトガル、南アフリカ、マレーシアに5つの生産施設、中国、スペイン、英国、UAE、ヨルダン、サウジアラビア、エジプト、モロッコ、ガーナ、ブラジル、コスタリカ、メキシコに12の世界販売オフィス、ドイツ、イタリア、スイス、米国、カナダ、オーストラリア、シンガポール、日本、インド、南アフリカ、チリに11の海外子会社に1万5000人余りを雇用している。

さらに詳しい情報はwww.jinkosolar.com を参照。
住所:103-0026東京都 中央区日本橋兜町13番2号 兜町偕成ビル本館9階
代表電話:03-6661-0899
FAX番号:03-6661-0129
ホームページ:http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る