• トップ
  • リリース
  • ドコモとバークレーヴァウチャーズが「iD」を活用した電子食事カード「チケットレストラン タッチ」の提供について合意〜ドコモが新たに「iD」の技術を活用したプリペイドカードを開発〜

プレスリリース

株式会社バークレーヴァウチャーズ

ドコモとバークレーヴァウチャーズが「iD」を活用した電子食事カード「チケットレストラン タッチ」の提供について合意〜ドコモが新たに「iD」の技術を活用したプリペイドカードを開発〜

(DreamNews) 2015年12月01日(火)15時00分配信 DreamNews

株式会社バークレーヴァウチャーズと株式会社NTTドコモは、ドコモが推進する電子マネー「iD(TM)」の技術を用いた電子食事カード「Ticket Restaurant(R) Touch(チケットレストラン タッチ)の提供について、本日、合意いたしました。両社は2016年4月の提供開始に向けて準備を進めてまいります。

株式会社NTTドコモ
株式会社バークレーヴァウチャーズ

ドコモとバークレーヴァウチャーズが「iD」を活用した
電子食事カード「チケットレストラン タッチ」の提供について合意
〜ドコモが新たに「iD」の技術を活用したプリペイドカードを開発〜

福利厚生用食事券「Ticket Restaurant(R)」(以下、チケットレストラン)を提供している株式会社バークレーヴァウチャーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:ローラン・ガシェ、以下BV社)と株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:加藤 栫A以下ドコモ)は、ドコモが推進する電子マネー「iD(TM)」の技術を用いた電子食事カード「Ticket Restaurant(R) Touch」(以下、チケットレストラン タッチ)の提供について、本日、合意いたしました。両社は、2016年4月の提供開始に向けて準備を進めてまいります。

「チケットレストラン」は、企業が福利厚生の用途で従業員に配布する食事券で、国内でも既に約1,000社、15万人の従業員の方にご利用いただいています。
本合意により、これまで紙で提供していた「チケットレストラン」に加え、「iD」を活用して電子食事カードとしたものを、新たに「チケットレストラン タッチ」として提供することで、ご利用いただく企業・従業員及び加盟店の皆さまにおける利便性を向上します。

「チケットレストラン タッチ」は、BV社と別途契約した飲食店やコンビニエンスストアなどの「iD」加盟店で、「iD」のリーダー/ライター(読み取り機)にタッチしてお支払いただける電子食事カードです。既に「iD」のリーダー/ライターを設置している「iD」加盟店である飲食店等は、追加の設備投資は不要で、BV社との契約を行えば「チケットレストラン タッチ」のお支払いに対応できます。

今回、ドコモは、ポストペイ(後払い)方式で推進してきた電子マネー「iD」を、プリペイド(前払い)方式にも対応可能としました。これにより、各企業が独自に発行していたプリペイドカードを「iD」の技術を用いて発行できるようになるなど、幅広いサービスにご利用いただけるようになります。 「チケットレストラン タッチ」は、このプリペイド式「iD」による初めての取り組みとなります。

ドコモとBV社は、「iD」の加盟店ネットワークを活用した電子食事カード「チケットレストラン タッチ」の普及を推進し、電子マネー「iD」のさらなる発展に取り組んでまいります。

「チケットレストラン タッチ」につきましては、別紙をご参照下さい。
*「Ticket Restaurant(R)」は株式会社バークレーヴァウチャーズの親会社である仏Edenred社の登録商標です。
*「iD」は、株式会社NTTドコモの商標です。

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先

株式会社NTTドコモ
広報部 内貴・佐藤
TEL: 03-5156-1366

株式会社バークレーヴァウチャーズ
マーケティング&コミュニケーション 明石
TEL: 03-3233-8121

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る