プレスリリース

Jinko Solar株式会社

ジンコソーラーは日本の発電所に高効なモジュールを提供

(DreamNews) 2015年11月12日(木)09時00分配信 DreamNews

世界大手のPV企業、ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.、NYSE: JKS)は、2015年10月26日千葉県匝瑳市に、出力約1.7MWの太陽光発電所を建設したと発表した。該当したプロジェクトが会社の遊休地を利用して、ジンコソーラー製60セルの高効率的なモジュールを設置した。発電した全ての電気を電力会社に売電する。

世界大手のPV企業、ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.、NYSE: JKS)は、2015年10月26日千葉県匝瑳市に、出力約1.7MWの太陽光発電所を建設したと発表した。該当したプロジェクトが会社の遊休地を利用して、ジンコソーラー製60セルの高効率的なモジュールを設置した。発電した全ての電気を電力会社に売電する。


千葉県匝瑳市のプロジェクトが海岸線から1Km以内の海岸地域にて、太陽電池モジュールの塩水による耐腐食性に対する高い要求がある。ジンコソーラー製のモジュールが塩水噴霧やアンモニアにも対応でき、長期間の太陽光発電の正常稼働を保持している。


実は、より多くの投資者が政府の政策に基づいて、会社の遊休地を利用して、太陽光発電所を建設している。これは、土地資源を節約でき、クリーンなエネルギーの発展を推進する上に収益を得ることができる。


2015年ジンコソーラーは日本における多くの太陽光発電所にモジュールを提供した。9月、愛知県豊川市に建設していた愛知県豊川市の発電所が稼働した。出力は1.8MWとなっている。該当プロジェクトは会社の遊休地1万9393m2を活用し、ジンコソーラー製の太陽光パネルを約6800枚採用した。発電所の年間発電量は、一般家庭の約610世帯分の年間消費電力量に相当する221万6000kWhを見込んでいる。ジンコソーラー製のモジュールが風圧荷重や積雪荷重への耐久性が強く、真冬の極端な悪環境にも導入できる。


「皆様がご存知のように、日本のJET認証は監査が非常に厳しいです。ジンコソーラーは素晴らしい発電性能を持っているために、中国では少数しかないJET認定を取得している中国企業の一つとなっています。今年はジンコソーラーの成果を日本の多くの発電所に高効率なモジュールを提供して、お客様から高い評価をもらい、大変光栄です。今後、弊社は引き続き太陽電池モジュールの技術開発を重視し、今まで以上のより良い製品を開発いたします。」とジンコ ソーラーアジア地域セールスディレクター李燕氏がコメントを発表した。


▽ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業の世界大手である。ジンコソーラーは自社ソーラー製品を流通させて、中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国・地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に同社ソリューションとサービスを販売している。ジンコソーラーは2015年6月30日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、シリコン・インゴットとウエハーで3GW、ソーラーセルで2.5GW、ソーラーモジュールで4GWの年間総発電容量がある。ジンコソーラーはまた中国国内で電気を販売しており、2015年6 月30日時点で、約725MWの太陽光発電プロジェクトをグリッドに接続している。


ジンコソーラーは中国・江西省と浙江省、ポルトガル、南アフリカ、マレーシアに5つの生産施設、中国、スペイン、英国、UAE、ヨルダン、サウジアラビア、エジプト、モロッコ、ガーナ、ブラジル、コスタリカ、メキシコに12の世界販売オフィス、ドイツ、イタリア、スイス、米国、カナダ、オーストラリア、シンガポール、日本、インド、南アフリカ、チリに11の海外子会社に1万5000人余りを雇用している。


さらに詳しい情報はwww.jinkosolar.com を参照。
住所:103-0026東京都 中央区日本橋兜町13番2号 兜町偕成ビル本館9階
代表電話:03-6661-0899
FAX番号:03-6661-0129
ホームページ:http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る