• トップ
  • リリース
  • アイドルグループnotall、W3 Awards 2015において2部門でシルバー受賞!〜SNSを活用した共創活動が、米国の国際的なアワードで受賞〜

プレスリリース

株式会社WALLOP放送局

アイドルグループnotall、W3 Awards 2015において2部門でシルバー受賞!〜SNSを活用した共創活動が、米国の国際的なアワードで受賞〜

(DreamNews) 2015年10月08日(木)12時00分配信 DreamNews

株式会社ワロップ放送局(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:頃末 敬、以下、ワロップ放送局)がプロデュースする、次世代型ソーシャルアイドルnotall(ノタル)のSNSを活用し、みんなでアイドルグループを作り上げる共創活動が、2015年9月24日、米国で行われた国際的なアワード「W3 Awards 2015」において、2部門でシルバーを受賞いたしました。

 株式会社ワロップ放送局(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:頃末 敬、以下、ワロップ放送局)がプロデュースする、次世代型ソーシャルアイドルnotall(ノタル)のSNSを活用し、みんなでアイドルグループを作り上げる共創活動が、米国で行われた国際的なアワード「W3 Awards 2015」において、2部門でシルバーを受賞いたしました。
 アイドルグループnotallは、2014年5月30日にメンバーを結成し、グループ名、グループロゴ、楽曲、衣装、LINEスタンプなど多くのコンテンツをSNSを通じて募集し、これまでに、7カ国以上の海外クリエイターが参加し、応募総数は10,000 点を超えるなど、世界中のファンやクリエイターと共に、みんなと作り上げるソーシャルアイドルとして活動して参りました。
今回、notallのコンセプトである、ファンやクリエイターとの共創活動が、SNSを活用したコンテンツマーケティングにおいて評価され、下記2つの部門においてシルバーを受賞いたしました。

SC2 Social Content & Marketing - Experimental / Innovative 
SC4 Social Content & Marketing - Promotions and Contests


【W3 Awards 2015について】
W3 Awardは、卓越した創造性をもつクリエイティブな作品や取り組みに敬意を表し、表彰される国際的なアワードです。本年度は、5000以上の作品がエントリーされました。

【notallについて】
SNS を通じてグループ名、ニックネーム、ロゴ、楽曲、衣装デザイン、グッズなどを募集し採用する、みんなでプロデュースできるアイドルとして2014 年6 月にデビュー。
2015 年7 月12 日、デビュー1周年記念の初ワンマンをキャパ800人の新宿ReNY をソールドアウトさせた。
翌日発売したニューシングル「my baby, my lover」は数々の有名アーティストを抑え、オリコンデイリーランキング8位にチャートイン。またConnect Japan2015(タイ)、60万人が訪れる台湾漫画博覧会(台湾)などの海外での活動も精力的に行っている。

▼notall OFFICIAL WEB SITE
http://notall.jp/

【ワロップ放送局について】
東京スカイツリー(R)のすぐ近くにスタジオを構え、毎日、生放送をお届けしています。タレント、ミュージシャン、俳優、アイドル、芸人など、夢に邁進する出演者のほか、文化人、会計士、経営者など様々な文化人が集う放送局です(外部からの生中継も実施)。また、放送局の運営により培ったノウハウ・人脈・設備により、独自性のある包括的なサービスを提供しています。

【本件に関する問い合わせ】
株式会社ワロップ放送局 担当:山本
TEL:03-5819-2288
MAIL:web@wallop.co.jp


---------会社概要---------
【社 名】株式会社ワロップ放送局
【所在地】東京都墨田区業平4-16-6
【URL】 http://www.wallop.tv/
【代表者】代表取締役社長 頃末 敬
【設立年月日】2011年10月
【事業内容】インターネット放送局の運営、外部中継、番組制作、CM制作、イベント企画・運営、タレントキャスティング、レンタルスタジオ


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る