• トップ
  • リリース
  • MapRとSASが国内においても協業を開始し、Hadoop上でのビッグデータ・アナリティクスを共同で提案

プレスリリース

マップアール・テクノロジーズ株式会社

MapRとSASが国内においても協業を開始し、Hadoop上でのビッグデータ・アナリティクスを共同で提案

(DreamNews) 2015年10月06日(火)14時00分配信 DreamNews

MapR Technologiesとアナリティクスのリーディング・カンパニーであるSAS Instituteは、本日、グローバルでの協業を基盤に、国内においても協業を開始します。これによって、SASビッグデータ・アナリティクスの主要ポートフォリオとエンタープライズ・グレードのHadoopであるMapRディストリビューションとの密接な統合によるメリットを、両社共通のお客様に提供します。

※本ニュースリリースは、マップアール・テクノロジーズ(株)とSAS Institute Japan(株)とから配信しております。重複して受信される場合がございますが、予めご了承ください。

SAS on MapR により伊藤忠テクノソリューションズ株式会社および日本ヒューレット・パッカード株式会社とのパートナーシップを強化

Apache(TM) Hadoop(R) ディストリビューションのトップランクに位置付けられているMapR Technologiesとアナリティクスのリーディング・カンパニーであるSAS Instituteは、本日、グローバルでの協業を基盤に、国内においても協業を開始します。これによって、SASビッグデータ・アナリティクスの主要ポートフォリオとエンタープライズ・グレードのHadoopであるMapRディストリビューションとの密接な統合によるメリットを、両社共通のお客様に提供します。

この協業により、国内においても、ビッグデータ・アナリティクスに対応する、「SAS(R) LASR Analytic Server」、「SAS(R) Visual Analytics」、「SAS(R) High Performance Analytics Server」、「SAS(R) Data Loader for Hadoop」を含むSASのハイパフォーマンス・アナリティクス製品がMapR上で利用可能となります。この統合ソリューションは、SASの機械学習やビジュアライゼーション製品を、コスト効果に優れる分析基盤であるMapR のHadoopプラットフォーム上で活用することにより、企業が抱える業務課題を解決し、ビジネス機会を最大化します。お客様はSANやNASといった専用ストレージに依存することなく、MapRをソフトウェア・デファインド・ストレージとして利用できるため、ビッグデータ用のストレージ基盤をコスト効率良く拡張することが可能となります。同様に、より多くのデータ量や多構造化データを含むより多くのデータ種をパフォーマンスとコスト効果高く分析したいというITニーズに応えることができます。

このSAS on MapRの統合ソリューションは、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)、日本ヒューレット・パッカード株式会社の両社共通のパートナーからも購入やシステムインテグレーションといったサービスの提供が可能で、さらに両社で新規パートナーを開拓、育成していきます。

CTCでは、同社総合検証センター(TSC)内に設置されている「Big Data Processing Lab(BPL)」にて検証が済んでおり、例えばApache Hadoopと比較して、MapRは30%から40%のデータロードの高速化やパフォーマンスや動作がスパイクすることなく安定稼働することが確認できています。
同社は、MapRとSASの共通パートナーとして、SAS on MapRの各ソリューションを推進しており、その一環として同ラボに常設のデモ環境やPoC環境を設置しました。ビッグデータやアナリティクスをご検討しているお客様は、このラボでアウトプットの確認やパフォーマンスのベンチマーク等ができ、システム導入の際に懸念となる点を確認、払拭することができます。

日本ヒューレット・パッカードでは、同社の「HP Executive Briefing Center (EBC) Japan」において、IoTデータの可視化・分析など、SAS on MapR稼働環境を体感いただくことができます。

■Big Data Processing Lab(BPL)について
Big Data Processing Lab(BPL)では、ビッグデータ時代に要求される高速なデータ処理を支える新たなインフラ技術を駆使した検証環境を提供することで、お客様のニーズに応じた各種検証作業を実施します。専門のSE、スタッフがお客様の抱える課題を可用性、運用面の視点から性能・データ連携・バックアップ・耐障害性等を検証します。

BPLではこれらの様々な検証実績からお客様に最適な提案を行い、各種サービスを提供しております。CTCは、マルチベンダーならではの豊富な経験・実績・技術力でお客様のビッグデータへの取り組みを強力にサポートします。
http://www.ctc-g.co.jp/solutions/tsc_bpl/index.html

■HP Executive Briefing Center (EBC) Japanについて
HP Executive Briefing Center (EBC)では、プレゼンテーション、デモ、ワークショップ・ディスカッションといった手法で、お客様のビジネス課題を紐解き、お客様ごとの最適解を導き出して、ビジネスを勝ち抜くIT変革を実現するお手伝いをします。
http://h50146.www5.hp.com/info/company/ebc/

■SAS Institute Inc.について
SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なアナリティクス、ビジネス・インテリジェンス、ならびにデータ・マネジメントに関するソフトウェアとサービスを通じて、75,000以上の顧客サイトに、より正確で迅速な意思決定を行う支援をしています。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。

SAS Institute Japanは、多くのお客様とパートナー企業に支えられ、日本において30周年を迎えることができました。「これからもAnalyticsでイノベーションを」を合言葉に、日本のアナリティクス市場の深耕を計り、日本の企業や社会に貢献してまいります。

■マップアール・テクノロジーズについて
MapRは、Hadoopを駆使し、ミッションクリティカルかつリアルタイムな業務利用を支援する、エンタープライズ・グレードのプラットフォームを提供 しています。MapRは1つの統合ビッグデータ・プラットフォームの中で、かつてない安定性と使いやすさ、そして世界最高速レベルの処理性能を HadoopやNoSQL、データベース、ストリーミングアプリケーションにもたらしています。MapRはGlobal 2000企業やWeb 2.0企業を中心として、メディア、コンシューマー製品、金融サービス、政府機関、医療機関、製造業、市場調査、ネットワーキング・コンピュータ、小売業、通信事業等、700社以上のお客様にご利用いただいております。また、アマゾン、シスコ、グーグル、テラデータ、HPは、MapRの強力なエコシステムパートナーです。投資家には、Google Capital, Lightspeed Venture Partners, Mayfield Fund, NEA, Qualcomm Ventures and Redpoint Venturesが名を連ねています。MapRは米国カリフォルニア州に本社を置き、東京都千代田区に日本法人を構えています。


ホームページ:http://mapr.com/jp
Facebook  :https://www.facebook.com/maprjapan
Twitter  :https://twitter.com/mapr_japan
Hadoop総合情報サイト:http://www.hadoop-times.com/

■お客様からのお問い合せ先
マップアール・テクノロジーズ株式会社 営業部
Tel: 03-6386-0920  Email: sales-jp@mapr.com

■報道関係者からのお問い合せ先
マップアール・テクノロジーズ 広報エージェンシー リードプラス株式会社 担当:大橋
Email:maprpr@leadplus.co.jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る