• トップ
  • リリース
  • コスト削減支援協会が株式会社トラストと提携『ポータブル防犯システムタイガード』を展開

プレスリリース

一般社団法人コスト削減支援協会

コスト削減支援協会が株式会社トラストと提携『ポータブル防犯システムタイガード』を展開

(DreamNews) 2015年08月17日(月)18時00分配信 DreamNews

コスト削減商品及びその差別化研究を行う、一般社団法人コスト削減支援協会(本社:東京都江東区、代表:堀裕介)は、株式会社トラストと新たに提携し、株式会社トラストのサービスである『ポータブル防犯システムタイガード』の拡販の支援を2015年8月1日より行うことになりましたので、お知らせ致します。

コスト削減支援協会(CRSA)とは?
 コスト削減支援協会(CRSA)は東京、名古屋、大阪にて会合を行う企業の「交流会」であり「勉強会」です。もともと企業に向けたコスト削減サービスを行う企業が集まり2013年5月に発足いたしました。その後「より良いサービス提供」を行うために、相互に商品開発を強化するための勉強、アドバイスを積極的に行うようになり、現在ではコスト削減に係わらず、様々な法人向けサービス提供企業が集まり「差別化」について検討しております。当協会では「相互商品強化」「相互顧客交換」「相互人財教育」の3つのコンセプトに基づき活動を行っております。現在では、コスト削減系の会社、販促支援系の会社、社労士、弁護士、税理士、保険代理店など、様々な業種の約100名の協会員が所属し、活動をおこなっております。


株式会社トラストとの提携について
 一般社団法人コスト削減支援協会は、株式会社トラストと新たに提携し、2015年8月1日より、株式会社トラストが提供するサービスであるポータブル防犯システムタイガードの拡販の支援を行います。
 ポータブル防犯システム「タイガード」とは昨今多発している工事現場での盗難に対するセキュリティです。従来からある防犯カメラや駆けつけの警備員では録画した映像を後から観たり、駆けつけたころには逃走した後で結局盗まれた物は返ってこないことが多くありました。そんな今まであった事後対応の防犯とは違い、「未然に防ぐ防犯」をコンセプトとし現場での犯罪抑止に重点をおいたセキュリティでゼネコンや工事施工業者に対して資材、重機の盗難防止や2次的被害を防ぐ効果が期待できます。また、遠隔で映像が観たり声が出せるため日中は現場の管理に役立てることがでる為、夜間は防犯、日中は管理の両面で使用できます。
 当協会ではポータブル防犯システム「タイガード」を協会事務局及び所属企業を中心に紹介代理店、販売代理店として活動して、拡販につとめる予定でございます。



<当団体>
団体名  : 一般社団法人 コスト削減支援協会
所在地  : 東京都江東区青海2 - 7 - 4 t h e S O H O 4 1 2
代表理事 : 堀 裕介
設立   : 2013年 5月 1日
提供事業 : 企業支援サービス / 所属協会員に対する各種支援サービス
お問合せ : info@crsa.jp 電話: 0120-3704-49
WEB  : http://www.crsa.jp

<提携先>
社名   : 株式会社トラスト
所在地  : 愛知県名古屋市中区千代田3-6-15
代表者  : 宮本 光二
提供事業 : セキュリティシステム、防犯カメラシステム
お問合せ : 052−265−8061
WEB  : http://trust-k.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る