• トップ
  • リリース
  • 三菱総研DCS株式会社、Acronis(R) Access Advancedの導入でスマートデバイスにおけるファイル共有時のセキュリティ対策を万全に

プレスリリース

アクロニス・ジャパン株式会社

三菱総研DCS株式会社、Acronis(R) Access Advancedの導入でスマートデバイスにおけるファイル共有時のセキュリティ対策を万全に

(DreamNews) 2015年07月06日(月)16時30分配信 DreamNews

次世代データ保護におけるグローバルリーダーであるアクロニス社は本日、三菱総研DCS株式会社が、スマートデバイスにおけるファイル共有時のセキュリティと生産性の向上を確保するため、Acronis(R) Access Advancedを導入したことを発表します。

〜端末にデータを残さない、Active Directoryとの連携、iOS/Androidへの対応が決め手に〜

次世代データ保護におけるグローバルリーダーであるアクロニス社 (本社:米国マサチューセッツ州/日本:東京都港区、代表取締役 大岩憲三、以下: アクロニス) は本日、三菱総研DCS株式会社(本社: 東京都品川区、代表取締役社長 円実稔、以下: 三菱総研DCS)が、スマートデバイスにおけるファイル共有時のセキュリティと生産性の向上を確保するため、Acronis(R) Access Advancedを導入したことを発表します。

<導入背景・導入ポイント:社外から社内のファイルサーバーへのセキュアなアクセスやファイル共有を可能に>
今回三菱総研DCSは、スマートデバイスの業務への活用に対する社内でのニーズの高まりに伴い、2013年よりスマートデバイスの導入を検討開始しました。今回のスマートデバイスの導入要件である「ファイルサーバーへのモバイルデバイスからのアクセス」「ファイル共有」について、製品の比較検討や検証、要件定義、施行を経て、2014年Acronis Access Advancedを導入しました。Acronis Access Advancedを導入したポイントは以下の点でした。

・ 情報セキュリティリスク管理の観点から、ファイル共有時に端末にデータを残さないこと
・ アカウントが既存のActive Directoryと連携できること
・ iOSとAndroidの2つのOSに対応していること
・ 構築したスマートデバイス向けVPNの中で動作できること
・ 三菱総研DCSの厳しいセキュリティ要件を満たすこと

<導入のメリット・活用例:隙間時間の有効活用と、業務の効率化>
三菱総研DCSでは日々の営業活動や、外出先での重要事項の確認、各顧客先で必要な資料の即時入手などにスマートデバイスを活用し、業務効率の向上を実現しています。

・ 移動中、スマートデバイスからファイルサーバー内にある資料の閲覧が可能になり、ノートパソコンからリモートアクセスを使用しアクセスするのと比較し、隙間時間の効率化を実現
・ 主要顧客先における自社作業の際に、保管場所からの自社支給パソコンの取り出し/リモート接続処理実施、等の工程が負荷となっていたが、これを省略でき、差分時間の有効活用が可能になった
・ 経営層や管理層が、重要事項の確認や期限の決められた業務等のために帰社することなく外出先で確認が可能になった
・ 顧客先での商談やプレゼンテーションの際にも、ファイルサーバーに保存されているデータにアクセスし、必要かつ的確な資料の即時入手が可能になった

■三菱総研DCSの事例資料詳細
今回の同社における導入はこちらよりダウンロードしてご覧いただけます: http://www.acronis.com/ja-jp/resources/cs/1239.html
Acronis Access Advancedについての詳しい情報は: http://www.acronis.com/ja-jp/mobility/access-advanced/  

プレスリリースページはこちら: http://www.acronis.com/ja-jp/pr/2015/07/06-00-30.html

三菱総研DCS株式会社について

三菱総研DCSは、銀行、クレジットカード等金融関連業務で豊富な経験・実績を有する他、千葉情報センターを核としたアウトソーシングやBPO業務などでも強みを持っています。
また、1970年の会社創業以来からの主力サービスである給与人事サービス「PROSRV(プロサーブ)」は、受託数2,000事業所と、わが国トップクラスの実績を有します。
2004年からは、三菱総研グループの一員として一体的サービスを展開し、シンクタンク〜コンサルティング〜ソリューション〜BPOの一貫したバリュー チェーンをご提供できる日本でも数少ない企業集団として、お客様の企業価値向上の実現に取り組んでおります。
詳細については、http://www.dcs.co.jp/をご覧ください。

アクロニス社について
アクロニスは、バックアップ、災害復旧およびセキュア・アクセス・ソリューションによって次世代データ保護の標準を確立します。AnyDataエンジンを活用し、仮想、物理、クラウドおよびモバイルといったあらゆる環境におけるすべてのファイル、アプリケーションおよびシステムを対象に、容易かつ安全で、包括的なバックアップおよびセキュア・アクセスを実現します。
2003年の設立以降、アクロニスは、世界130か国の500万人以上の消費者と30万社以上の企業におけるデータを保護しています。50件以上の特許を保有したアクロニスの製品は、Network Computing、TechTarget、およびIT Professionalによって年間最優秀製品に選ばれており、移行、クローン作成、レプリケーションなどのさまざまな機能を備えています。
詳細については、http://www.acronis.comをご覧ください。また、最新情報など、ソーシャルメディアでも提供しております。
Twitter:https://twitter.com/acronis_japan  Facebook : http://www.facebook.com/acronisjapan
 
Acronis(R)は米国、及び米国外におけるAcronis International GmbHの登録商標です。ここに記載されるその他すべての製品名および登録/未登録商標は、識別のみを目的としており、その所有権は各社にあります。


【報道関係者のお問い合わせ先】
アクロニス・ジャパン株式会社 広報 野中 
〒106-0041 東京都港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル
TEL: 03-6430-1442/ Email: Media_jp@acronis.com

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る