• トップ
  • リリース
  • ジンコソーラーがRijn Capital社に33.67MWの太陽光モジュールを提供

プレスリリース

Jinko Solar株式会社

ジンコソーラーがRijn Capital社に33.67MWの太陽光モジュールを提供

(DreamNews) 2015年06月17日(水)15時30分配信 DreamNews

世界トップクラスPV企業、ジンコソーラ(JinkoSolar Holding Co., Ltd.、NYSE:JKS)は6月5日、Rijn Capital社(チリのPVプロジェクト)に33.67MWの太陽光モジュールを提供することを発表した。Rijn Capital社はRijn Capital BVが設立した、チリの新エネルギー会社であり、主な業務は発電開発の取得・運営、設備の開発である。

ジンコソーラーがRijn Capital社に33.67MWの太陽光モジュールを提供

世界トップクラスPV企業、ジンコソーラ(JinkoSolar Holding Co., Ltd.、NYSE:JKS)は6月5日、Rijn Capital社(チリのPVプロジェクト)に33.67MWの太陽光モジュールを提供することを発表した。Rijn Capital社はRijn Capital BV(オランダ)が設立した、チリの新エネルギー会社であり、主な業務は発電開発の取得・運営、設備の開発である。Rijn Capital社はチリで約500MWの太陽光発電プロジェクトの蓄積を有する。

チリ北部のアントファガスタ州でのThe San Pedro IIIプロジェクトは、2015年4月から順調に稼動している。本プロジェクトはポルトガル最大の電力グループEFACECがEPC契約者で、地元の商業銀行CorpBancaから長期的な資金調達も確保された。ジンコソーラーは、11万400枚の高効率太陽光発電モジュールを提供した、年間発電量を約100GWが見込んでいる。

「電力設備及び変電所の長期的なサプライヤーとして、我々はジンコソーラーと協力できることに非常に光栄だと思います。本プロジェクトで、弊社がチリでの初めの発電所にEPCサービスを提供します、他の地域に対してもきっと成功事例になり、同時にプロジェクト品質やソリューション策定に対する一貫の約束を守りました。」とVitorino Rocha氏EPACE社新エネルギー部マネジャーが述べている。

「EFACEC社やRijn Capital社を弊社の長期パートナシップリストに入れることは、非常に光栄だと思います。我々の製品品質やサービスがお客様に認められています。本プロジェクトを通じてジンコソーラーがチリなどの新興国での市場シェアやリーダーシップのことを確保しました。」と李仙徳董事長が語る。

ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について

ジンコソーラー(NYSE:JKS)は、世界大手太陽光発電企業の1つである。同社は中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他諸国・地域の多様な国際的公益事業、商業、住宅向け顧客基盤に太陽光発電製品、ソリューションとサービスを流通、販売している。ジンコソーラーは垂直統合型の太陽光発電製品バリューチェーンを構築し、2015年3月31日時点の年間総発電量は、シリコン・インゴットとウエハーで3ギガワット(GW)、太陽光発電用セルで2.0GW、ソーラーモジュールで3.5GWとなる。ジンコソーラーはまた、中国でも電力を販売、2015年3月31日現在、太陽光発電プロジェクトのおよそ617MWをグリッド接続した。

ジンコソーラーはドイツ、イタリア、スイス、米国、カナダ、オーストラリア、シンガポール、日本、インド、南アフリカ、チリにある11の子会社があり、それに中国、スペイン、英国、アラブ首長国連邦(UAE)、ヨルダン、サウジアラビア、エジプト、モロッコ、ガーナ、ブラジル、コスタリカ、メキシコにある12のグローバルセールス・オフィスがあり、さらに中国の江西省および浙江省、ポルトガル、南アフリカ,マレーシアに5つの製造基地をそれぞれ保有する。従業員の総数は1万5000人となっている。

詳しい情報はhttp://www.jinkosolar.com/ を参照。

【セーフハーバーステートメント】
このプレスリリースには、1933年米国証券法のセクション27A(その改正を含む) 、1934年米国証券取引法のセクション21E(その改正を含む) 、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act)で規定されている、「将来予想に関する記述」が含まれています。将来予想に関する記述には、「予想」、「確信」、「見込み」、「期待」、「将来性」、「意図」、「計画」、「推定」のほか、これらの類義語を用いたものが含まれることがあります。こうした記述は、実際の業績や結果が、この記述と大きく異なる要因が存在するリスクと不確実性があります。これらおよびその他のリスクの詳細については、2012年4月18日(2012年4月19日改正)に証券取引委員会(SEC)に提出した2011年12月31日までの年次報告書フォーム20-FとJinkoSolarのパブリック・ファイリングに含まれています。このプレスリリースに記載のすべての情報は、2015年6月17日現在のものです。法律によって要求される場合を除き、JinkoSolarは、そのような記述を行った日以降に、不測の事態が起こっても、その結果に関わらず、いかなる将来見通しに関する記述を更新したり、公に改訂する義務を負わないものとします。

住所:103-0026東京都 中央区日本橋兜町13番2号 兜町偕成ビル本館9階
担当者:Sophie Zhai

電子メールアドレス: sophie.zhai@jinkosolar.com
ホームページ:http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp

投資、リリースに関するお問い合わせ:
In China:
Sebastian Liu
JinkoSolar Holding Co., Ltd.
Tel: +86 21 6061 1792
Email: pr@jinkosolar.com

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る