• トップ
  • リリース
  • インテックと日本ATMによるATMチャネルを活用したサービスの共同検討について

プレスリリース

株式会社インテック、日本ATM株式会社

インテックと日本ATMによるATMチャネルを活用したサービスの共同検討について

(@Press) 2016年04月19日(火)09時30分配信 @Press

ITホールディングスグループの株式会社インテック(本社:富山県富山市、代表取締役社長:日下 茂樹、以下 インテック)と日本ATM株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中野 裕、以下 日本ATM)は、2016年4月1日、業務提携契約を締結し、ATMチャネルを活用したサービスの共同検討を開始することに合意しました。


金融機関による、営業店のヒューマンチャネルとインターネットバンキングのデジタルチャネルを融合したオムニチャネルの検討が進むなか、最もお客さまとのコンタクトが多いATMの効果的な活用が期待されております。
この度の業務提携は、当該期待に応えるべく、地域金融機関向けCRMシステムの提供で多数の実績を持つインテックと、ATM監視業務の受託において同じく実績豊富な日本ATMが、CRMシステム「F3(エフキューブ)」(*1)とATM監視システム「GAIA」(*2)の連携を図り、新サービスを共同検討することに同意したものです。

今般両社が共同検討を開始するサービスはお客さまの属性に応じたセールスメッセージやインフォメーションをATM画面に表示し、金融機関における非対面サービスの拡充を実現する他、お客さまの反応を一元的に管理し、マーケティングの高度化に繋げることを可能とします。さらに日本ATMが持つATMオペレーションセンターを活用し、ATMのインターフォンを通じたお客さまからのセールスメッセージに対するお問合せに応対することも可能とします。

インテックと日本ATMは4月より共同検討を開始し、金融機関にお役立ちするサービスを順次リリースをしていく事を予定しております。

(*1) F3(エフキューブ)は、業務の体系化とコンポーネント化で合理的なシステム導入と優れた拡張性を実現した金融機関向け統合CRMで、インテックの登録商標です。
(*2) GAIAは、複数行での共同利用が可能な新監視システムとして当社が設計・開発した日本ATMの登録商標です。


■インテックについて
お客さまの経営戦略に沿った情報化戦略の立案からシステムの企画、開発、アウトソーシング、サービス提供、運用保守まで、IT分野において幅広く事業を展開しています。特に、データセンター事業は、東京、横浜、大阪、富山などのデータセンターを高速回線で接続した高信頼性サービスを提供しています。インテックは、創業以来50年にわたって培ってきた技術力をもとに、安全・安心で、便利で、Smartで、心地よい社会をICT技術で実現する“社会システム企業”を目指し、グローバルな視野で挑戦を続けてまいります。


■ITホールディングスグループについて
ITホールディングスグループは、約2万人、50社超から成るIT企業グループです。グループ各社がさまざまなエキスパートであり、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのクライアントのビジネスとその先にあるお客様の日々を支えています。クライアントの課題を解決するだけでなく、クライアントのさらにその先にあるお客様のニーズを先取りして一歩進んだ提案をしていきます。


■日本ATMについて
日本ATMは、ATM監視業務を51金融機関から受託するなど、金融機関様の非戦略業務を推進する企業グループです。トップシェアのATM関連アウトソーシングに加え、他の業務についても「共同運営化」を推進し、金融機関様の業務効率化に貢献してまいります。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る