• トップ
  • リリース
  • シルバーエッグ・テクノロジー、レコメンド広告サービス「ホットビュー」をfluct社の広告配信サービス「fluct Direct Reach」と連携

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

シルバーエッグ・テクノロジー株式会社

シルバーエッグ・テクノロジー、レコメンド広告サービス「ホットビュー」をfluct社の広告配信サービス「fluct Direct Reach」と連携

(@Press) 2016年04月20日(水)10時00分配信 @Press

シルバーエッグ・テクノロジー株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長&CEO:トーマス・フォーリー、以下 シルバーエッグ社)は、同社のレコメンド広告サービス「ホットビュー」を、株式会社VOYAGE GROUP(本社:東京渋谷区、代表取締役社長兼CEO:宇佐美 進典)の連結子会社で、広告配信プラットフォーム事業を展開する株式会社fluct(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:古谷 和幸、以下 fluct社)の運営する、広告配信サービス「fluct Direct Reach」と連携し、サービス提供を開始しました。


今回の連携により、広告主は、「fluct Direct Reach」を通じてSSP(※1)「fluct」から直接買い付けされる9,000以上のメディアの広告枠に、訪問者一人ひとりにより精度高く最適化されたレコメンド広告を、リアルタイムに表示することができるようになります。広告主や広告代理店にとっては、より透明性の高い広告運用で広告効果の改善ができるとともに、さらに効果的な広告配信が可能になります。 

シルバーエッグ社では、レコメンド広告サービス「ホットビュー」をご利用いただいている広告主の広告効果を最大化するために、「ホットビュー」を配信利用できるプラットフォームを今後も拡大していきます。また、今後ともリアルタイム最適化技術とサービスにより、Web企業の広告・マーケティング施策のさらなる効果向上を支援するとともに、あらゆるチャネルとデバイス上でのパーソナライゼーションによる付加価値向上を実現してまいります。


▼製品詳細
■「ホットビュー(HotView)」とは( http://www.silveregg.co.jp/hv/hv01.html )
大手広告・優良サイト等で支持されてきたシルバーエッグ・テクノロジーのレコメンド技術を活かし、サイト訪問者をターゲティングして広告を表示するだけではなく、一人ひとりの興味・関心に合わせたバナー広告をリアルタイムで生成し、クリック率や購買率の極めて高い、パーソナイラズされたバナー広告を提供することのできるサービスです。

■「fluct Direct Reach」とは( http://fluct.jp/directreach )
広告主がSSP「fluct」( http://fluct.jp/ )と提携する9,000以上のメディアの広告枠を、fluct社が蓄積した膨大なデータを活用して直接買い付け、ターゲティング配信も可能なサービスです。2015年12月のサービス開始以降、200社を超える広告主が活用しています。

(※1) SSP:Supply Side Platformの略で、メディアの広告収益を最大化させる仕組み( http://fluct.jp/ )


▼会社概要
■シルバーエッグ・テクノロジー株式会社
代表者 : 代表取締役社長&CEO トーマス・フォーリー
所在地 : <大阪本社>
      大阪府吹田市江坂町1-23-43 ファサード江坂ビル10階
      <東京オフィス>
      東京都千代田区飯田橋2-6-6 ヒューリック飯田橋ビル5階
設立  : 1998年8月
資本金 : 7,800万円
事業内容: AI(人工知能)技術をベースにした
      Webマーケティングサービスの開発・提供
URL   : http://www.silveregg.co.jp/

■株式会社fluct
代表者       : 代表取締役社長兼CEO:古谷 和幸
所在地       : 東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス8階
設立        : 2008年6月2日
資本金       : 5,000万円(準備金含む)
株主構成及び所有比率: 株式会社VOYAGE GROUP 100%
事業内容      : SSPの企画、開発、運営
URL         : http://corp.fluct.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る