• トップ
  • リリース
  • アジア初!スタンフォード大学フーヴァー研究所に研究基金・講座を開設

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

ダイレクト出版株式会社

アジア初!スタンフォード大学フーヴァー研究所に研究基金・講座を開設

(@Press) 2016年04月12日(火)12時00分配信 @Press

主に社会人向けビジネスコンテンツ・教育事業を展開するダイレクト出版株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:小川 忠洋)は、世界大学ランキング3位(2015〜2016)のスタンフォード大学フーヴァー研究所(所在地:カリフォルニア州スタンフォード、学長:John L. Hennessy)内に、日本企業で初めて研究基金および研究講座を開設することとなりました。


同研究基金・講座は、「日本近代史」を主な内容とし、米国における日本近代史のスペシャリスト・西 鋭夫教授(スタンフォード大学フーヴァー研究所 教授)と当社との共同研究にて開設されます。西教授は、現在、当社の運営する歴史コンテンツ「PRIDE and HISTORY(URL: http://www.prideandhistory.jp/ )」の顧問としても当社にご協力いただいており、今後、同コンテンツのさらなる深耕を目指してまいります。
なお、当社は同研究基金・講座に対してまず400万ドルの投資を開始しております。


【講座開設の目的】
世界的リーダーを世に送り出し続けている世界最先端のスタンフォード大学内にあり、公共政策を特別に研究するフーヴァー研究所。そこで保管されている第一次世界大戦、第二次世界大戦の公文書や、近年まで機密文書として米国に保管されていた政府機関の資料をもとに、近代日本史の新たなる側面や発見を正確に伝えていき、日本人のみならず世界の人々に日本を深く理解していただくことが本講座の目的です。

日本は世界に誇れる素晴らしい歴史を持っているにも関わらず、情報発信が極めて不十分です。そのため、世界の動きが決まる米国で日本の情報はほとんどありません。情報発信がないため、慰安婦像に代表するように資金豊富でPRの上手な国の思惑が通り、本来の日本の姿を理解してもらえず、一般の日本人が様々な形で不利益を被っています。

そこで、ホワイトハウスにも多くの要職を送り込み、米国社会で最も権威ある研究所であるフーヴァー研究所から日本の近代史の情報や日本側の視点を発信することが、多くの日本人の尊厳、日本の国益、および国際社会での地位向上につながると考えています。


■西 鋭夫教授 略歴
1964年    関西学院大学文学部卒業
1968年    ワシントン大学大学院にて、修士号を取得
1968〜1971年 J. Walter Thompson(広告代理店)に日本人として初めて勤務し、
       ロレックスやコダックを担当。
1976年    ワシントン大学大学院にて、博士号(国際政治・教育学)を取得
1977〜1985年 スタンフォード大学フーヴァー研究所博士号取得研究員
1985〜1991年 NHKラジオ「NHKジャーナル」シアトル通信員
       スタンフォード大学フーヴァー研究所主任研究員
2007年    日本大学国際関係学部教授


■フーヴァー研究所について
1919年、第31代アメリカ大統領 ハーバート・クラーク・フーヴァー(Herbert Clark Hoover)により、スタンフォード大学内に設立された公共政策の研究機関。第一次世界大戦、第二次世界大戦に関する大量の文書を保管している。


【会社概要】
会社名 : ダイレクト出版株式会社
代表  : 代表取締役 小川 忠洋
所在地 : 大阪府大阪市中央区安土町2-3-13 大阪国際ビルディング13F
資本金 : 1,000万円
設立  : 2006年5月
事業内容: 書籍・CD・DVD・ソフトウェアの販売、セミナー運営
URL   : http://www.d-publishing.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る