• トップ
  • リリース
  • 経理業務の80万時間短縮に貢献「クラウド会計ソフト freee」3周年記念インフォグラフィックを公開

プレスリリース

  • 記事画像1

経理業務の80万時間短縮に貢献「クラウド会計ソフト freee」3周年記念インフォグラフィックを公開

(@Press) 2016年03月30日(水)15時15分配信 @Press

freee 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐々木大輔、以下 freee )が運営する「クラウド会計ソフト freee」は、2016年3月19日をもちまして、サービス提供開始から3周年を迎えました。「スモールビジネスに携わる全ての人が、創造的な活動にフォーカスできるよう」をコンセプトに、常に新しい価値をお届けできるように開発を進めてきました。この度、サービス開始から3周年を迎えたことを記念して、freee がこれまでに提供してきた様々な価値を数字で表現したインフォグラフィックを公開しました。

<サマリー>
■クラウド会計ソフトシェアNo.1(※1)の「クラウド会計ソフト freee」は有効事業所60万(※2)を突破。
■「クラウド会計ソフト freee」を利用して行われた取引登録は累計5400万件を超えており、その取引総額は5兆円以上。
■「クラウド給与計算ソフト freee」を利用して出力された給与明細の数は累計43万件以上。
■お客様満足度94%のチャットサポート、これまでに客様から頂いた感謝の言葉は4万通を超える。
■2013年11月より開始した「認定アドバイザー制度」への登録数は2400事務所を超える。
■”バックオフィス最適化”を目指す freee がこれまで貢献してきた経理業務の短縮時間は80万時間(※3)。およそ90年の創造的な時間をもたらしてきた。

(※1)2016 年 2 月デジタルインファクト発表「第三回 クラウド型会計ソフトの利用動向調査」より
(※2)有効事業所とは、「クラウド会計ソフト freee」を実際に利用した事業所数のこと。freee の他サービス(クラウド給与計算ソフト freee等)を利用しているが、クラウド会計ソフト freee の利用実績のないアカウントは除く。
(※3)freee のユーザーアンケートより算出


■ ”freee 株式会社”について
会社名  freee 株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者  代表取締役 佐々木大輔
設立   2012 年 7 月 9 日
資本金  62 億 5619万円(資本準備金含む)
所在地  東京都品川区西五反田2-8-1 ファーストビル9F

【提供サービス一覧】
「クラウド会計ソフト freee」https://www.freee.co.jp
「クラウド給与計算ソフト freee」https://www.freee.co.jp/payroll
「マイナンバー管理 freee」https://www.freee.co.jp/my-number
「会社設立 freee」https://www.freee.co.jp/launch/
「経営ハッカー」http://keiei.freee.co.jp/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る