• トップ
  • リリース
  • ソーラーカーで環境先進観光地・箱根を盛り上げる 工学院大学ソーラーカープロジェクトの車両が箱根を快走

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

学校法人 工学院大学 総合企画部広報課

ソーラーカーで環境先進観光地・箱根を盛り上げる 工学院大学ソーラーカープロジェクトの車両が箱根を快走

(@Press) 2016年03月31日(木)14時30分配信 @Press

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)のソーラーカープロジェクトが神奈川県らが主催した「ソーラーカー芦ノ湖スカイライン走行プロジェクト」(※)において、世界大会準優勝の車両「OWL(あうる)」の走行・展示をしました。


工学院大学のソーラーカーは2015年10月にオーストラリアで開催された世界最大級のソーラーカーレース「ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ(WSC)2015」のクルーザークラスで準優勝しました。今回の「ソーラーカー芦ノ湖スカイライン走行プロジェクト」のように、国内の公道を走行することはとてもめずらしいことです。ソーラーカーはその高性能を活かし、高低差の大きな峠や多くのコーナーを駆け抜けました。また、展示会には多くの観光客が集まり、ソーラーカーと箱根の風景を楽しんでいました。


※【ソーラーカー芦ノ湖スカイライン走行プロジェクト】
(主催:神奈川県・箱根町・東海大学など)
主催者記者発表資料: http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p1008466.html
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る