プレスリリース

  • 記事画像1

ハネウェルジャパン株式会社

ハネウェルジャパン、新社長にエリック・ワグナーが就任

(@Press) 2016年03月31日(木)10時00分配信 @Press

[東京]-ハネウェル(NYSE:HON)は、2016年4月1日付にて、日本法人ハネウェルジャパン株式会社(本社:東京都港区)の代表取締役社長にエリック・ワグナー(Eric Wagner)が就任しますことをお知らせいたします。


ハネウェル、グローバル・ハイグロース・リージョンス(高成長地域)担当プレジデントのシェーン・テジャラティは、「世界第3位の経済大国である日本は、ハネウェルにとっても非常に多くの機会を持つ市場です。成熟市場であるにもかかわらず、当社は近年日本での売上を大きく伸ばしており、国別売上高でも日本は最上位クラスに位置しています。今後の日本の潜在的な高成長を鑑み、ハネウェルではこのたび、日本を戦略的な高成長地域の一部とする方針を決定いたしました。日本法人社長に就任するエリック・ワグナーのリーダーシップの下、ハネウェルは重要市場である日本での当社の事業成長と事業範囲拡大を目指し、今後もお客様の期待に応えるべく邁進してまいります。」とコメントしました。


日本事業の設立から60年余年を経た現在、400名を超える従業員を擁するハネウェルジャパンでは、輸送機器、オートメーションから構成部品、素材まで国内の多岐にわたる産業分野に向け製品・ソリューションを提供しています。ハネウェルは、2020年に向けた取り組みなどを機とする、国内のさらなる効率化と持続可能性へのニーズに応えてまいります。技術企業であり、インフラに強みを持つハネウェルの全製品の5割以上はエネルギー産業およびエネルギー効率性に特化しています。

エリック・ワグナーは、前職ではグローバル・ハイグロース・リージョンス、ビジネスデベロップメント担当バイスプレジデントとしてほぼ4年間にわたり重要地域における事業拡大を担当し、ハネウェルの新規参入市場であるアフリカなどの地域にて自律的な事業成長体制の確立に貢献しました。

前々職以前は、ハネウェルでバイスプレジデントとして戦略的入札管理、政府渉外などの役職を歴任しました。2006年に政府渉外担当ディレクターとしてハネウェル入社前は、米Dennis Miller Associates社にて軍事防衛担当バイスプレジデント。1985年から米国陸軍に所属、2005年に中佐にて退役しました。


ハネウェルインターナショナル( www.honeywell.com )は、フォーチュン(Fortune)100社にノミネートされた、テクノロジーおよび製造分野におけるトップレベルの複合企業であり、航空宇宙分野の製品およびサービス、ビル/住宅/産業用の制御テクノロジー、ターボチャージャー、パフォーマンスマテリアルズなどを世界中のお客様に提供しています。ハネウェルのニュース・詳しい情報は、 www.honeywellnow.com をご覧ください。


本プレスリリースには、1934年米国証券取引法第21E項が意味するところの「将来の見通しに関する記述」が含まれています。当社または当社の経営管理者が将来の発生または発生する可能性を意図、予想、予測、確信、または期待する活動、事象、または発展について述べた、過去の事実以外の記述はすべて、将来の見通しに関する記述です。これらの記述は、過去の経験と傾向、現在の経済状況、期待される将来の発展とその他の関連要因を考慮した経営管理者の仮定および予想に基づくものです。本リリースに含まれる将来の見通しに関する記述は、当社の経営、製品、サービス、および価格に影響する経済、競争、政府、および技術的要因を含む(がこれに限定しない)リスクや不確実性にも左右されるものであり、このような将来の見通しに関する記述は、将来の業績、実際の結果、発展業務遂行上の決定を保証するものではなく、当社の将来の見通しに関する記述によって予想された内容とは異なる場合があります。当社業績に影響を与える主要なリスクや不確実性については、当社Form 10-Kおよび米国証券取引委員会提出文書に記載しています。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る