• トップ
  • リリース
  • 〜空き家問題の解決を通じて、地域と人をつなぐ〜 学生が伊豆の消防団跡地をリノベーション「まちのシェアキッチン」オープン

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

〜空き家問題の解決を通じて、地域と人をつなぐ〜 学生が伊豆の消防団跡地をリノベーション「まちのシェアキッチン」オープン

(@Press) 2016年03月29日(火)13時30分配信 @Press

芝浦工業大学(東京都江東区豊洲/学長 村上雅人)の学生プロジェクト団体「空き家改修プロジェクト」が取り組んでいた、静岡県賀茂郡東伊豆町稲取にある地元消防団「第六分団」の器具置き場跡地をシェアキッチンへと改修するプロジェクトが完成を迎え、「ダイロクキッチン(※)」と名付けられ、オープニングイベントを開催しました。

※ 東伊豆町消防団の第六分団器具置き場だったことから「ダイロク」と命名

「空き家改修プロジェクト」詳細
http://akiyaarchitect.wix.com/akiyaimprovement

地域住民、観光客、学生など、この地を訪れる人々を「食」でつなぐコミュニティの場とすることを目指してつくられたこのシェアキッチン。東伊豆町から補助金を得て、学生たちの手で1年かけて改修作業を行ってきました。


<改修前>
https://www.atpress.ne.jp/releases/96328/img_96328_2.jpg

<改修後>
https://www.atpress.ne.jp/releases/96328/img_96328_3.jpg


【オープニングイベントの様子】
オープニングイベントでは、東伊豆町長などとともにテープカットを行い、地場産野菜や静岡県立稲取高校の生徒がつくったケーキなどの販売をはじめ、地元グルメ「かき菜の雑煮」の無料配布などを実施。
この他にも夜には酒場を開き、地元のお酒を提供して人々の交流の場を持ったり、稲取を舞台にした映画の上映会を行うなどの企画を実施し、地元自治体や学校、住民などと一体になって完成のお披露目を行いました。期間中は、地元住民や観光客などが多く立ち寄り、交流を行う場面が多く見られました。

<キッチン設備を整え、「食」を通じて地域の交流促進を目指していく>
https://www.atpress.ne.jp/releases/96328/img_96328_4.jpg

<町内外から多くの来場者が訪れ、互いに交流する機会となった>
https://www.atpress.ne.jp/releases/96328/img_96328_1.jpg

<地元の高校生も出店するなど、地域と一緒になってイベントを実施>
https://www.atpress.ne.jp/releases/96328/img_96328_5.jpg


【今後の予定】
今後は、プロジェクトの学生を中心にNPO法人を立ち上げて管理・運営を行っていき、希望者を募って期間限定のショップを開けるような場所として機能させたり、定期的にイベントを開催して稲取を盛り上げていく拠点づくりを続けていく予定です。
全国的に増加している空き家問題を解決し、まちの活性化を目指す建築系を専攻する学生メンバー。2014年度は東伊豆町稲取の住宅地にある空き家を地域のコミュニティスペースへと改修し、今回が2軒目。
地域の特性を生かした空き家の利活用方法として、この学生発の取り組みが、全国的に抱える空き家問題を解決するモデルとして広がっていくことが期待されます。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る