• トップ
  • リリース
  • リアルグローブ、教育ICT分野におけるIoT・AI事業推進のため、ODKソリューションズと協業

プレスリリース

株式会社リアルグローブ

リアルグローブ、教育ICT分野におけるIoT・AI事業推進のため、ODKソリューションズと協業

(@Press) 2016年03月30日(水)16時00分配信 @Press

株式会社リアルグローブ(所在地:東京都文京区、代表取締役:大畑 貴弘、以下 リアルグローブ)は、教育ICT分野におけるIoT・AI事業推進のため、株式会社ODKソリューションズ(所在地:大阪府大阪市、代表取締役社長:西井 生和、以下 ODKソリューションズ)と、両社サービス価値向上及び両社のノウハウを活かした新規事業創出を目的に協業いたします。

リアルグローブ
http://realglobe.jp


1.背景
リアルグローブでは、クラウドを活用して、あらゆるモノに命を宿すプロジェクト「KARAKURI.GLOBAL」をはじめ、知の機会均等の実現を目指した教育のビッグデータのAI的活用の取り組み等、様々な「コト」をサービス化し、知能化する事業を推進しております。現在は、その一環として、医療や行政の専門家を交え、ロボット(ドローン)を活用した救急医療・災害対応のためのプロジェクト(Project Hecatoncheir)に取り組んでおり、日本が世界に誇る新世代型IoTソリューションとして東京オリンピックでの配備を目指しています。「モノのインターネット化」いわゆるIoT(Internet of Things)、AI(人工知能)、ロボット等を活用できる独自のプラットフォームやフレームワークを基礎に、ソフトウエア、インフラ、運用すべてを含んだ統合サービスであるIoTソリューションの教育市場への展開を実現していく中で、教育ICT分野におけるシステム及びビジネス構築ノウハウを保有した実績あるパートナーを熱望しておりました。


2.ODKソリューションズとのシナジー
ODKソリューションズは、学校法人の入学試験業務をはじめ、証券会社等のバックオフィス業務の受託といった独自のビジネス領域に特化した情報処理アウトソーシングサービスを提供しております。最近では、これまで培ってきたノウハウを応用し、情報処理アウトソーシングとWebのメリットを融合した即時性の高いシステムソリューションを提供するほか、教育コンテンツのアプリ化をすすめる等、教育ICT分野にも注力しております。
現在、教育業界では、文部科学省主導の高大接続改革実行プランに基づき、大学入学者選抜をはじめとした、大学及び高等学校教育の抜本的改革に向けた検討が急ピッチですすめられております。今後迎える大学入試の大きな転換期を前に、多面的・総合的評価への具体的な対応や、受験生の負担軽減に資する入試関連システム及びサービスへのニーズが高まると想定されます。
両社が連携を推進し、リアルグローブの先進性の高いIT技術と、ODKソリューションズの教育関連システムノウハウを融合することで、高大接続及び学修支援プラットフォームの構築を目指してまいります。


【リアルグローブ 関連URL】
・一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(通称EDAC、Project Hecatoncheir)公式サイト
http://www.edac.jp/
・リアルグローブの公開するオープンソース
https://github.com/realglobe-Inc
・Ansibleを使ったデプロイ「全」自動化「Deplow(でぷろう)」
https://deplow.jp/
・<東大式> Ansible 完全読本 無料先行読者登録
http://lp.deplow.jp/


【ODKソリューションズ会社概要】
社名   : 株式会社ODKソリューションズ
URL    : http://www.odk.co.jp
代表者  : 代表取締役社長 西井 生和
設立   : 1963年4月1日
本社所在地: 〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1丁目6番7号


【リアルグローブ会社概要】
社名   : 株式会社リアルグローブ
URL    : http://realglobe.jp/
代表者  : 代表取締役 大畑 貴弘
設立   : 2008年10月1日
本社所在地: 〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
       東京大学アントレプレナープラザ 504号室
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る