• トップ
  • リリース
  • 地域新電力会社「新電力おおいた」へ地元銀行・企業が出資決定!

プレスリリース

新電力おおいた株式会社

地域新電力会社「新電力おおいた」へ地元銀行・企業が出資決定!

(@Press) 2016年03月25日(金)09時30分配信 @Press

新電力おおいた株式会社(所在地:大分県由布市、代表取締役:山野 健治、以下 新電力おおいた)は、2016年4月の高圧需要家に向けた電力供給開始を前に増資を計画し、地元銀行・企業より出資が決定したことをお知らせいたします。

新電力おおいた
http://www.pps-oita.com


■地域に根ざし、高圧・低圧双方の電力供給を予定
2016年4月からの電力小売全面自由化を前に、全国各地で地域新電力会社が発足しています。
「新電力おおいた株式会社」は、2015年8月に電子機器メーカー「株式会社デンケン」が設立。2016年4月より高圧需要家向け、2016年10月より一般家庭を含む低圧需要家向けに電力供給を予定しています。


■新電力おおいたの設立理念
1. エネルギーの地産地消
  地域単位で電力の需給契約をし、地域に経済効果を
2. 自然エネルギーの普及
  集中型電源から分散型エネルギー社会への転換
3. 地域活性化
  HEMSを活用したスマートコミュニティの形成


■地元銀行・企業4社から出資が決定
電力供給の準備が整いましたので、資本増強を行います。
設立理念に賛同いただいた地元銀行・企業から出資が決定いたしました。
・株式会社大分銀行
・株式会社豊和銀行
・大分中央保険株式会社(大分銀行グループ)
・府内産業株式会社(大分銀行グループ)

その他、地元自治体や企業などにも出資の呼びかけを行っています。


■佐伯市と連携した社会実験を通して低圧需要家向けビジネスを展開予定
大分県佐伯市にてスマートコミュニティ社会実験を推進中です。これは、新電力おおいたを含む地元企業9社と佐伯市が参加する、大分県エネルギー産業企業会 電力自由化ワーキンググループの活動事業です。

佐伯市内の家庭120軒にHEMSを、佐伯市所有の10件の高圧施設にBEMSを取り付け、地産地消による電力の需給シミュレーション、HEMSによる見守りや防災アナウンスといった行政サービスの社会実験を行います。

新電力おおいたは、この社会実験を通じて、HEMSを活用した家庭などの低圧需要家への電力供給ビジネスにつなげる所存です。


■『新電力おおいた』概要
商号   : 新電力おおいた株式会社
設立   : 2015年8月10日
資本金  : 5,000,000円
代表取締役: 山野 健治
所在地  : 〒879-5513 大分県由布市挾間町高崎97番地1
電話   : 097-583-5550
URL    : http://www.pps-oita.com
事業内容 : 電力売買事業
       エネルギーマネジメントシステム販売、サービス事業
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る