• トップ
  • リリース
  • クラウディアン、無償のS3 APIアプリ接続検証環境を提供開始Amazon S3対応アプリのハイブリッドクラウド活用検証

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

クラウディアン株式会社

クラウディアン、無償のS3 APIアプリ接続検証環境を提供開始Amazon S3対応アプリのハイブリッドクラウド活用検証

(@Press) 2016年03月29日(火)10時00分配信 @Press

クラウディアン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:太田 洋)は、Amazon S3 APIに完全準拠するスケールアウト型オブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HyperStore」と、Amazon S3 APIに対応するアプリケーション(以下 S3 APIアプリ)との接続検証プログラムを2016年4月1日に開始しますので、お知らせいたします。


【図1】S3 APIアプリ接続検証プログラムロゴ
https://www.atpress.ne.jp/releases/95596/img_95596_1.jpg


【クラウドとオンプレミス、ひとつのアプリ】
お客様には、ひとつのアプリケーションを使いながら、外部に預けられないデータはオンプレミス(※)のストレージシステム、それ以外のデータはパブリッククラウドストレージに保存するといったように、種類や目的に応じて格納先をハイブリッドに使い分けたいというニーズがあります。

ただし、現在利用している、または利用を検討しているS3 APIアプリがパブリッククラウド以外でも活用できることを確認するためには、独自にテスト用システム環境をオンプレミスに構築する費用と時間がかかりました。また、すでにオンプレミスで活用している製品が、新たにS3 API対応版をリリースした際には、有償のパブリッククラウドを使い接続性を検証する必要がありました。

※オンプレミスとは、企業構内またはデータセンターにおける自社運用管理


【コストをかけずハイブリッドクラウド対応を検証】
この検証プログラムは、S3 APIアプリが、インターネット経由でクラウディアンのラボ環境に設置したCLOUDIAN HyperStoreストレージシステムのエンドポイント(接続点)に、30日間無償でアクセスし、全てのAPIとの接続性を検証できるものです。

当該アプリが、CLOUDIAN HyperStoreを採用する、世界中のS3 API準拠のパブリッククラウドはもちろんのこと、プライベートクラウド、オンプレミスのストレージシステム、それらが連携するハイブリッドクラウド対応であることを短期間に検証できます。


【広がるソリューションの選択の幅】
これまでクラウディアンは、エンタープライズIT向け製品を中心に、数多くのS3 APIアプリとの接続試験を実施し、相互に公式認定してきました。今回の検証プログラムを通して、ハイブリッドクラウドを実現できる製品との協業をさらに加速する考えです。これにより、お客様にとってはソリューション選択の幅が大きく広がります。


■S3 APIアプリ接続検証プログラムについて
・本検証プログラムは、以下のURLからお申込みを受付、2016年4月1日より提供を開始します。
http://www.cloudian.jp/cloud-storage-products/cloudian_eval_agr.php
・申請承認後、CLOUDIAN HyperStoreへの接続手順をクラウディアンから通知します。
・S3 APIアプリは、30日間無償でCLOUDIAN HyperStoreの全てのAPIとの接続性を検証できます。
・接続性検証後には、ハイブリッドクラウド対応アプリ認定書を交付します。

※注意事項
・同時に多数申請のある場合には、検証開始をお待ちいただくことがあります。
・当社ラボへのアクセス回線輻輳等の外部要因が接続性能に影響を及ぼす場合があります。
・競合他社及び競合と見做されるお客様からのお申込みはお受けいたしません。


【図2】検証プログラムのフローとアプリケーション設定例
https://www.atpress.ne.jp/releases/95596/img_95596_2.jpg


なお、CLOUDIAN HyperStoreは、今回発表のS3 APIアプリ接続検証プログラムのほか、お客様自身のサーバーやデータセンターにて実施できる以下の検証プログラムがあります。

【検証プログラムの種類】
(1)評価ライセンス
期間  :30日間
機能  :全て
容量  :無制限
費用  :無償
提供方法:クラウディアンが評価/ライセンスの使用許諾

(2)アプライアンス貸与
期間  :30日間
機能  :全て
容量  :HWの容量
費用  :無償
提供方法:クラウディアンが評価/アプライアンスを貸与

(3)POCライセンス
期間  :1年間
機能  :全て
容量  :10TB
費用  :月額換算5万円
提供方法:販売パートナーがPOC/ライセンスの使用許諾

いずれもクラウディアンのホームページから申し込みができます。
http://www.cloudian.jp/cloud-storage-products/cloudian_eval_agr.php


■CLOUDIAN HyperStoreの概要
CLOUDIAN HyperStoreは、P2P(ピア・ツゥ・ピア)アーキテクチャであり、汎用サーバー2台(推奨3台)からスモールスタートし、数ペタバイト超級にまでスケールアウトできる高い拡張性を有するAmazon S3 API完全準拠のオブジェクトストレージシステムです。複数サーバー間、さらには複数データセンター間でも、自動複製・分散配置により堅牢にデータ保護します。日本においてはニフティ、NTTコミュニケーションズ、NTT東日本をはじめ、世界の大手クラウドサービスと、数多くのエンタープライズITのオンプレミス・ストレージとして採用されています。

■CLOUDIAN HyperStoreのS3 API
API(Application Programming Interface)とは、コンピューターの基本ソフト(OS)や、アプリケーション、Webアプリケーション、クラウドサービス等が、自身の機能を外部のアプリケーションやソフトウェアに利用させるための仕様や、その仕組みを言います。CLOUDIAN HyperStoreでは、APIによりストレージの設定や操作ができます。CLOUDIAN HyperStoreが準拠するS3 APIは、Amazon S3が広く公開するAPIであり、世界中に対応するアプリケーションは数百種類あると言われ、クラウドストレージサービスの事実上の標準となっています。


【図3】代表的なCLOUDIAN HyperStoreのAPI(2016年3月時点、各種管理APIを除く)
https://www.atpress.ne.jp/releases/95596/img_95596_3.jpg


■CLOUDIAN HyperStoreとの接続性を公式認定した主要なアプリケーション、製品、サービス
詳細PDFからご確認ください。
https://www.atpress.ne.jp/releases/95596/att_95596_1.pdf


■クラウディアンについて
日本と米国を開発拠点とするクラウディアンは、パブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミス環境でハイブリッドに活用できるSDS(Software Defined Storageソフトウェア定義ストレージ)である「CLOUDIAN HyperStore」をソフトウェア製品およびハードウェアアプライアンス製品により提供しています。

ホームページ: http://cloudian.jp/
Facebook  : https://www.facebook.com/cloudian.cloudstorage.S3
Twitter   : https://twitter.com/Cloudian_KK
ブログ   : http://www.cloudian-blog.com/


※本プレスリリース内の商標や登録商標はすべて各所有者の資産です。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る