• トップ
  • リリース
  • FOVE、シリーズAラウンド総額12.3億円の資金調達 量産・R&D・コンテンツ獲得体制を強化

プレスリリース

FOVE、シリーズAラウンド総額12.3億円の資金調達 量産・R&D・コンテンツ獲得体制を強化

(@Press) 2016年03月23日(水)15時00分配信 @Press

FOVE, Inc.は2016年3月23日(水) 本日、Colopl VR Fundをリードインベスターとして、Hon Haiベンチャーキャピタルファンド“2020”、Samsung Venture Investmentを割当先とした$11million(12.3億円)の第三種割当増資を発表致します。

FOVE, Inc.        : http://www.getfove.com/
Colopl VR Fund      : http://coloplnext.co.jp/coloplvrfund/ja/
Hon Hai          : http://www.foxconn.com/
Samsung Venture Investment: http://www.samsungventures.com/


ヘッドマウントディスプレイ「FOVE」は仮想現実(VR)の世界に視線追跡技術を導入することで、視覚を使った素早く高精度な操作や、キャラクターとの人間らしいふれあい体験をユーザーに届けることができる全く新しい製品です。


■増資で量産・R&D・コンテンツ獲得体制を強化
この度の増資にて、2016年秋の製品発売に向けた量産の加速、中長期的なR&D体制の強化、視線追跡機能を活用したVRコンテンツ拡充のための業務的なサポートを視野に、投資会社と協力体制を強めていく運びとなりました。

Colopl VR Fundは株式会社コロプラおよび株式会社コロプラネクスト(投資事業を展開するコロプラ100%子会社)が設立した総額$50MのVR専門ファンドです。2016年2月に発表された日韓のネットカフェ7,500店舗におけるFOVE体験プラットフォームの構築協力、FOVE対応コンテンツデベロッパーへの投資、コロプラ制作VRコンテンツの視線追跡対応など、新しいVR体験の提供を共に目指します。

新しい技術領域に投資を展開するHon Haiベンチャーキャピタルファンド“2020”のサポートが、VRヘッドセットという今までにない新しいカテゴリーでのFOVE製品の量産に向けた計画を加速させることができると期待しています。

FOVE, Inc.のCEOであり共同創業者である小島 由香は「一歩先のVR体験を目指す上で、コロプラ、Hon Hai、Samsungといった、これからのVR業界を支える強力な会社にご支援頂けることを非常に嬉しく思います。視線追跡技術によって、今後増えていくVRユーザー様の体験がより快適で、より感動的なものになるよう、チーム一同一層精進致します」と述べています。


■「FOVE」とは
FOVEは従来のヘッドトラッキング・ポジショナルトラッキングの他に、世界初のアイトラッキングが搭載された、最先端のVRヘッドマウントディスプレイです。

視線を入力デバイスにすることで
・酔いを最小限に抑えた長時間の快適なVR体験
・注視していない箇所をぼやけさせることによる自然な映像表現
・アイコンタクトによるVRプレイヤーとの自然なコミュニケーション
・視線を使った全く新しい直感的なUI操作
・注視点以外のGPU負荷を抑えるフォービエイテッドレンダリング
など、未だ課題の多いVR体験に多くのメリットを提供することが可能になります。


■会社概要
社名  :FOVE, Inc.  http://www.getfove.com
所在地 :1062 Folsom St,San Francisco, CA 94103
設立  :2015年2月3日
代表者 :代表取締役 小島 由香

事業内容:
VRに関するウェアラブルハードウェア・ソフトウェアの開発、製造、販売。赤外線カメラで捉えた視線の動きをもとに、世界で初めてVR空間内で“眼の動き“による操作を可能にした「アイトラッキング」と、ユーザーが注視していない周辺視野を低解像度で処理することでコンピューターにかかる負荷を大幅に軽減した「フォービエイテッドレンダリング」という二つのコア技術を先行開発する点が強み。

1.視線追跡型HMD「FOVE」の開発、製造、販売
2.上記による、身体障害者、高齢者に向けた福祉サービス
3.VR技術ライセンス事業
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る