• トップ
  • リリース
  • 難波で繁盛店への道を邁進中の焼き鳥店『こことり』 常識破りの発想と人気メニューランキングを報告!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

有限会社新垣商店

難波で繁盛店への道を邁進中の焼き鳥店『こことり』 常識破りの発想と人気メニューランキングを報告!

(@Press) 2016年03月15日(火)11時00分配信 @Press

関西を中心にリサイクル事業や産業廃棄物収集運搬業を展開している有限会社新垣商店(本社:大阪府大阪市、代表取締役:谷川 拓磨)は、2014年7月に『焼き鳥ビストロ こことり』を大阪の中心地であり超激戦区の難波に出店いたしました。
人通りの少ない通称「穴なんば」という不利な立地、競合ひしめく焼き鳥業態を常識破りの発想でオープンから1年で売上前年対比180%を達成し、現在も1周年の7月以降から前年対比は100%を切ることなく繁盛店への道を邁進中です。

『焼き鳥ビストロ こことり』
http://r.gnavi.co.jp/k6441m3j0000/


【『焼き鳥ビストロ こことり』の常識破りとは?】
安くて美味しい焼き鳥業態がひしめく中で、高くて美味しい『こことり』は、なぜ毎月お客様数を伸ばしているのか?
その理由は、周囲から「それは無理やろ!」という常識を打ち破ってきたからです。
あえて常識とは違うことをして“カッコつけたい”というのではなく、純粋に『こことり』の想いが周囲の常識と違っていただけです。その想いとは。

●『こことり』の想い(1)
<焼き鳥は安くて当たり前は常識ではない!
 “本当においしい焼き鳥を提供したい”>
焼き鳥はおいしい鶏を使えば美味しく焼けると思っている方が多いかと思いますが、その考えは半分正解です。
『こことり』は大阪でもほとんど出回っていない「土佐はちきん地鶏」等を調達し、素材にもこだわりますが、本当においしい焼き鳥は、焼き方が重要です。
食材ごとに焼き方を変えるのは最低限のマナー、『こことり』はその日の串に刺さった食材の一つ一つの状態を見て焼き方、焼き加減を変えて提供しております。
さらに、『こことり』は焼き鳥屋でありながら、一品料理はフランス料理のアレンジを加えたビストロメニューを提供しております。手羽先の赤ワイン煮や、産地直送野菜等を使ったカルパッチョやコンフィ等の人気メニューを取り揃えており、美味しい焼き鳥とビストロ料理が心地よい空間を演出しております。
そのため、カップルや夫婦のデート需要につながり口コミで広がり現在も大盛況です。
「焼き鳥=うるさい空間」という常識を排除し、素材+焼き手+一品料理が醸し出す心地よい空間で味わう至高の焼き鳥が人気の秘訣です!

●こことりの想い(2)
<逆インバウンド戦略?!“日本人に愛される店にしたい”>
どれだけおいしい料理を提供しても、どんな空間で食事をするかが大切。
現在大阪は観光客で溢れる街へと変化し、どこのお店も観光客を取り込むことに必死になっているのが現状のようです。
しかし、『こことり』は古き良き日本の雰囲気を大切にするお店づくりを追求し、初めての方も、常連の方もくつろげる心地いい空間を楽しんでいただけるお店を継続しております。


【『こことり』の人気メニューランキング】
●焼き鳥人気ランキング
<1位の「ささみ」は初来店のお客様は思わず目を見開く美味しさ>
1位 ささみ
2位 せせり
3位 ねぎま
4位 こころ
5位 皮

●一品ランキング
<炭の香りを纏った人気ビストロメニュー>
1位 フォアグラの炭火焼
2位 淡路玉ねぎ丸焼き
3位 手羽先の赤ワイン煮
4位 厚切りベーコン
5位 炭火焼おにぎり


【店舗概要】
店舗名 : 焼き鳥ビストロ こことり
所在地 : 〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中1-15-3 鳴門ビル1F
定休日 : 日曜日 祝日
営業時間: 18:00〜24:00 (ラストオーダー 23:00)
平均予算: 5,000円(税込)
TEL   : 06-6649-5510
URL   : http://r.gnavi.co.jp/k6441m3j0000/
Facebook: https://www.facebook.com/kokoronotoride


【有限会社新垣商店について】
商号  : 有限会社新垣商店
代表者 : 代表取締役 谷川 拓磨
所在地 : 〒551-0012 大阪府大阪市大正区南恩加島5-8-61
設立  : 1986年8月
事業内容: 産業廃棄物収集運搬業・産業廃棄物中間処理業・
      容器類分別リサイクル業
      「焼き鳥ビストロ こことり」の運営
資本金 : 1,000万円
URL   : http://www.shingaki.co.jp/index.html


【有限会社新垣商店のビジョン】
リサイクル業界は、市況に左右されることが多いため、新垣商店は「農業」→「飲食」→「食品リサイクル」の「究極の循環型サイクルの実現」に向けて日々取り組んでおります。
第2弾は「農業」事業進出にむけ農地確保をおこないまもなく始動予定です。将来を見据え、日本の循環型社会に貢献できるよう活動しております。


【店舗に関する一般の方からのお問い合わせ先】
焼き鳥ビストロ こことり
Tel:06-6649-5510
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る