• トップ
  • リリース
  • 保険適用決定!注目の軟質リラインのイベントレポート 特典映像付きで有料動画配信を開始!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社バイテック・グローバル・ジャパン

保険適用決定!注目の軟質リラインのイベントレポート 特典映像付きで有料動画配信を開始!

(@Press) 2016年06月27日(月)11時00分配信 @Press

義歯の特殊加工、ケア用品の企画・製造・販売、義歯の歯科医院グループの運営を手掛ける、株式会社バイテック・グローバル・ジャパン(本社:東京都中央区、代表取締役:鷲巣 祐介)は、国内初の本格的な軟質リライン義歯の専門書である『THE SOFT LINING〜軟質リラインの本質〜』の出版を記念したスペシャルトークライブを2016年2月21日(日)に品川グランドコモンズにて開催。定員350名だった席を376まで増席し大盛況で終了した当日の様子をご報告いたします。

また、当日の内容を撮影した動画と特典映像「しゃべり足りなかった「もっと」言いたい放題」を追加収録をした動画を、下記にて有料動画配信を開始しております。

特典映像ゲスト:櫻井 薫 先生(東京歯科大学教授)
        松丸 悠一 先生(日本大学松戸歯学部)
        池田 昭 先生(医療法人社団武蔵会理事長)
        鷲巣 祐介(株式会社バイテック・グローバル・ジャパン)

『THE SOFT LINING〜軟質リラインの本質〜』詳細
http://www.bitecglobal.jp/thesoftliningbook.html
動画配信URL: http://ps.vc-market.com/bitecglobal/st/793/20160325.html


■当日は増席して376名参加 書籍内容から現場の本音まで語る
当イベントは、2016年4月から軟質リライン義歯の保険適用(※)が決定したことも影響し、大きな注目の中で開催することができました。
来場者数は、当初予定していた席数である350名から増席して、376名の歯科医師、歯科技工士、歯科関係企業者が訪れ、大勢の方で賑わう開催となり、軟質リライン義歯の注目の高さが伺える結果となりました。
当日は、歯科業界の各専門分野の教授陣による軟質リラインについて、統計データや症例写真を交えた解説、本書の特長、自費義歯のみで運営するクリニック院長による経営の実態、大学病院の現場でぶつかる事例まで盛況のうちに幕を閉じました。

※平成28年度歯科診療報酬改定の新規導入項目
有床義歯内面適合法(軟質材料を用いる場合)(下顎総義歯に限る):1,400点
新製有床義歯装着から6か月以内に行った場合:700点


■イベント内容詳細
○ACT1. 教授陣によるパネルトーク「軟質リラインは“逃げ”なのか?」
パネリストの補綴学講座教授陣によって、軟質リラインの診療報酬改定についての詳細、現在の軟質リライン義歯の普及性(新製時74万回/年、裏装時11万回/年、対象患者数85万床/年)、高い患者満足度などの統計データなどが紹介されました。
また、超高齢社会における義歯利用者の総数の増加と、その7割近くが不満を持っているデータをもとに、軟質リライン義歯が活用性の高い攻めの一手として解説されました。
その他、軟質リライン材で、従来の弱点であった汚れ、剥がれなどが近年改善されて、材質の向上がみられることなどにも触れました。

モデレーター:濱田 泰三先生(広島大学名誉教授)
パネリスト :水口 俊介先生(東京医科歯科大学教授)
       櫻井 薫先生(東京歯科大学教授)
       河相 安彦先生(日本大学松戸歯学部教授)
       木本 克彦先生(神奈川歯科大学教授)
当日の様子: https://www.atpress.ne.jp/releases/93540/img_93540_3.jpg
       https://www.atpress.ne.jp/releases/93540/img_93540_4.jpg
       https://www.atpress.ne.jp/releases/93540/img_93540_7.jpg

○ACT2. 本書「THE SOFT LINING」の正しい読み方
編集委員である村田先生より、本書の特徴や、理解したいポイントなどを第1章から詳しく解説されました。
特に第6、7章にある症例編は必ず読んでいただきたい内容として紹介されました。

スピーカー: 村田 比呂司先生(長崎大学歯学部教授)
当日の様子: https://www.atpress.ne.jp/releases/93540/img_93540_6.jpg


○ACT3. 義歯放談〜DR.松丸の総義歯治療言いたい放題(録音禁止)〜
総義歯治療を中心に診療されている気鋭の若手ドクター松丸先生より、軟質リラインを臨床に取り入れる上で重要になる、ティッシュコンディショナーを用いたダイナミック印象をテーマにお話しいただきました。
実際に先生ご自身が治療された無歯顎者の症例写真・動画をもとに、印象の手順を解説いただき、その他に咬合の安定確認や、義歯外形の大きさ、配列・研磨面の問題についてなど、成功に向けた注意すべき点を具体的に挙げていただきました。

スピーカー:松丸 悠一先生(日本大学松戸歯学部)


○ACT4. 自費義歯のみで成り立つ歯科医院経営の実態
保険医療機関とならず、「自費の義歯」のみで医院経営を行う医療法人社団 武蔵会コンフォートデンタルクリニック 院長 池田先生に、1万に満たない人口の北海道せたな町で、自院の自費義歯患者を50%まで増加させた全貌から、医院を札幌へ移転して現在に至るまでの経緯。またその医院のマーケティング活動や、自費義歯専門クリニックを開業する際の3つのポイントなど、開業医の先生へ医院経営の視点から「自費の義歯」率を高めるために非常に参考になるお話しを語っていただきました。

スピーカー  :池田 昭先生(医療法人社団武蔵会理事長)
インタビュアー:鷲巣 祐介(株式会社バイテック・グローバル・ジャパン)
当日の様子: https://www.atpress.ne.jp/releases/93540/img_93540_5.jpg


○ACT5. 若手ドクター陣によるパネルトーク「現場のホンネ」
難症例の義歯患者が来院する大学病院で奮闘される先生方に、「軟質リライン材を実際に使用した際に、痛みが止まらない時の対処」、「金属床と軟質リラインの併用」、「義歯が破折した場合の対処の方法」、「ダイナミック印象時によく使用する製品」、「咬合を変化させずにダイナミック印象を行うには?」など、軟質リラインを扱うにあたり、現場でぶつかる問題について質問形式で語っていただきました。
その他、◯×の札を用いての「現場のホンネ」トークなど、ユニークな形式で様々なお話をお聞きしました。

モデレーター:上田 貴之先生(東京歯科大学)
パネリスト :大神 浩一郎先生(東京歯科大学)
       秋葉 徳寿先生(東京医科歯科大学)
       黒木 唯文先生(長崎大学歯学部)
       木本 統先生(日本大学松戸歯学部)
当日の様子: https://www.atpress.ne.jp/releases/93540/img_93540_8.jpg


最後に濱田 泰三先生から、「今年はまさに軟質リライン元年になると思う。これまでは一部に限られた使用がより多くの方々へ広がるだろう。ぜひやわらかい材料を、正しく使って正しく育てて欲しい」とのお話をいただき、幕を閉じました。

2016年2月21日(日)に出版された『THE SOFT LINING〜軟質リラインの本質〜』は、今後全国へさらに拡販していくと同時に、英語版の出版も予定しています。

書籍購入先URL
http://www.amazon.co.jp/dp/toc/4885103444/ref=dp_toc?_encoding=UTF8&n=465392


■『THE SOFT LINING〜軟質リラインの本質〜』出版記念スペシャルトークライブ
日時      : 2016年2月21日(日)開演13:00 終了17:30
場所      : 品川グランドコモンズ「THE GRAND HALL」
          http://www.tg-hall.com/
所在地     : 東京都港区港南2-16-4
          品川グランドセントラルタワー3階
来場者数    : 376名
主催      : THE SOFT LINING編集委員会
企画・制作・運営: 株式会社バイテック・グローバル・ジャパン
協賛      : 株式会社デンタルダイヤモンド社/
          フィード株式会社/亀水化学工業株式会社/
          ネオ製薬工業株式会社/和田精密歯研株式会社/
          株式会社成田デンタル/
          株式会社バイテック・グローバル・ジャパン/
          一般社団法人ハイライフグループ


【株式会社バイテック・グローバル・ジャパンについて】
「世界中の入れ歯で悩む人々へ噛める入れ歯を提供する」をミッションとし、入れ歯の特殊加工、ケア用品の企画・製造・販売、国内最大の入れ歯の歯科グループを運営。
東京本社を拠点に、従業員数は50名(2015年10月現在)。入れ歯の軟質裏装加工サービス「コンフォート」や高機能入れ歯洗浄剤「clene(クリネ)」、国内最大の入れ歯専門歯科「ハイライフグループ」などを展開。
URL: http://www.bitecglobal.jp/


■会社概要
名称   : 株式会社バイテック・グローバル・ジャパン
所在地  : 〒104-0052
       東京都中央区月島二丁目14番12号 月島セントラルビル3F
代表取締役: 鷲巣 祐介
設立年月日: 2004年2月
URL    : http://www.bitecglobal.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る