• トップ
  • リリース
  • Kaizen Platform、国家公務員からスタートアップへの人材流動化を目的とした、国家戦略特区における創業者人材確保支援事業の全国初の活用事業者に認定

プレスリリース

Kaizen Platform、国家公務員からスタートアップへの人材流動化を目的とした、国家戦略特区における創業者人材確保支援事業の全国初の活用事業者に認定

(@Press) 2016年03月03日(木)09時30分配信 @Press

 Webサイトのユーザー・インタフェース改善を簡単に実現する「Kaizen Platform」を運営するKaizen Platform, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、東京オフィス所在地:東京都新宿区、CEO:須藤 憲司、以下 Kaizen Platform)は、2016年2月5日に行われた、国家戦略特別区域諮問会議(議長:内閣総理大臣)において、国家公務員からスタートアップへの人材流動化を促進する「創業者の人材確保の支援に係る国家公務員退職手当法の特例」の活用事業者に、全国で初めて認定されました。これにより、民間では得られない優れた経験、スキルやネットワークを持つ全国の国家公務員経験者を対象とした採用を開始します。


■本支援事業を活用する目的
 Kaizen Platformは現在、サンフランシスコ、東京、福岡に拠点を置き、ビジネスを展開しています。米国では政府職員がスタートアップに、あるいはスタートアップ経験者が政府職員にという人材の交流が、公的機関も含めて広くイノベーションを浸透させる土台となっています。有名な例では、フェイスブックのナンバー2であるCOOシェリル・サンドバーグ氏は政府職員として働いたのち、スタートアップに身を転じ、グーグル、フェイスブックの事業成長に寄与しています。

 Kaizen Platformは、2014年より福岡市の国家戦略特区の民間プロジェクトとして、400名のグロースハッカー(※)の育成と活躍の場の提供を推進し、時間や地域を問わずに活躍できるグロースハッカーという新しい働き方のモデルをつくってまいりました。

 今回この制度を通じて、今までにはなかったバックグラウンドやネットワークを持つ方々と共に、福岡市において実証した新しい働き方のモデルをさらに深めつつ、他の地域へも拡大していきたいと考えています。

 福岡市・北九州市 国家戦略特別区域においては、スタートアップ企業と官民人材とのマッチングを行う「福岡市スタートアップ人材マッチングセンター」の設置も全国で初めて認定されました。併せて、これについても積極的に活用していく予定です。

※グロースハッカーは、ネットでビジネスを展開する事業者のWebサイトを改善して、購入や予約などのコンバージョン率を最大化し、売上向上やサービスの成長に貢献する人々の総称です。時間や場所の制約を受けない働き方が可能で、かつ高付加価値な新しい職業として、Web制作の現場や企業から注目されています。


■創業者の人材確保の支援に係る国家公務員退職手当法の特例とは
 創業者の人材確保の支援に係る国家公務員退職手当法の特例(国家戦略特別区域法第19条の2に規定する国家戦略特別区域創業者人材確保支援事業)は、設立5年以内の企業が行う事業に必要な人材として、国家公務員の経験者を採用しやすくする試みです。具体的には、公務員がベンチャー企業に転職して、3年以内に公務員にまた戻った場合、公務員としての勤続年数を通算し、退職手当に不利が生じない措置を講ずるものです。これにより、官民の人材交流とともに、ベンチャーへの人材面での支援が可能になり、また、霞が関などの働き方改革にもつながることが期待されています。

【官邸資料】国家戦略特別区域区域計画(案)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/dai19/shiryou1-2.pdf

【特定退職 対象国家公務員の対象者】
●常時勤務に服することを要する行政機関の国家公務員

【特定退職 対象国家公務員の非対象者】
●司法・立法分野の職員
●常時勤務に服することを要しない国家公務員
●勤続期間が3年未満である国家公務員
●懲戒免職等により失職することとなった職員


■福岡市における Kaizen Platformのこれまでの取り組み
 創業・雇用特区の福岡市において、Kaizen Platform は、2014年7月に福岡市内IT企業11社と連携し、クリエイティブ業務に関する育成、雇用、創業を目的とした民間初の特区プロジェクト「福岡グロースハックネットワーク」の設立から、様々な取り組みを行ってまいりました。スタートアップを積極的にバックアップする福岡市で、Kaizen Platformは、引き続き新しいチャレンジをしてまいります。

●2014年7月 - 福岡グロースハックネットワークの設立
●2015年3月 - デジタルハリウッド福岡校で、Webグロースハッカー養成講座を開講
●2015年5月 - 創業特区1周年サミットを博多百年蔵ホールにてTSUTAYAと共催
●2015年5月 - リクルートジョブズ、デジタルハリウッド福岡校、NPO法人ママワーク研究所、TSUTAYAとともに、「Growth Hack for Women プロジェクト」を発表
●2015年9月 - デジタルハリウッド福岡校で、ママ向けWebグロースハッカー養成講座開講


■福岡市の高島市長からのコメント
福岡市の高島宗一郎市長は、以下のようにコメントしています。

「この度、特区による『創業者人材確保支援事業』の活用事業者としてKaizen Platform, Inc.様が認定されましたこと、まず、その先頭にたってのチャレンジに敬意を表します。最初の認定事業者として、ぜひ、スタートアップ企業における官民人材交流のロールモデルとなられることを期待しております。
 スタートアップ企業がスケールする、大きく成長していくためには、質の高い人材を確保することが重要であり、福岡市としてもスタートアップカフェに、今回新たに認められた全国初の『スタートアップ人材マッチングセンター』の機能を追加し、スタートアップ企業と官民人材のマッチングを促進してまいりたいと考えております。
 さらに、こうした取組みに加え、これまで特区として勝ち取ってきたスタートアップビザやスタートアップ減税などの規制改革等メニューを『福岡市スタートアップパッケージ』として国内外に発信し、『グローバル創業都市・福岡』の実現を図るとともに、日本をベンチャー精神にあふれる『起業・創業大国』とするために、全力を尽くしてまいりますので、ご期待ください。」


■募集要項について
 高い志を同じように持っていても、公務員の立場と民間企業の立場では、期待されることやできることが異なります。Kaizen Platformの現メンバーが持っていない経験やネットワークを駆使し、活躍していただける国家公務員経験者を募集します。これまでのキャリアで見つけた、公務員の枠組みの中ではやりたくてもやれなかった、あるいは時間がかかってしまうことを成し遂げたい方の応募を以下のページで受け付けています。

●Business Development / 事業開発担当
詳細については、 https://jobs.lever.co/kaizenplatform/ から「Business Development /事業開発担当」を選択してください。


■Kaizen Platformについて
 2013年3月設立。リクルートで最年少エグゼクティブとしてアドテクノロジーの部門をリードしてきた須藤 憲司をはじめとする経験豊富なメンバーにより創業しました。Webサイト最適化のオンラインツールと、UI改善案を出し続ける高度なスキルを持ったグロースハッカーのネットワークから成る「Kaizen Platform」を開発し提供しています。マーケターが継続的な改善活動に取り組むための「テクノロジー」と「人の知恵」により、組織のマーケティングROIを最大化します。


■会社概要
会社名 : Kaizen Platform, Inc.
代表者 : Co-founder & CEO 須藤 憲司
所在地 : 〒163-0241 東京都新宿区西新宿 2-6-1 新宿住友ビル 41F
設立  : 2013年3月
事業内容: WebサービスのUI改善を簡単に実現できるプラットフォーム
      「Kaizen Platform」の提供
URL   : http://kaizenplatform.com/ja/


■お客様のお問合せ先
担当営業、または以下のリンクからフォームよりお問合せください。
https://resources.kaizenplatform.com/JP-Contact-Form_Reg.html
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る