• トップ
  • リリース
  • 〜文芸賞大賞作は芸術評論誌「ユリイカ」に掲載〜「倉橋由美子文学賞」「阿久悠作詞賞」の第7回受賞作が決定2月26日、駿河台キャンパスで表彰式

プレスリリース

学校法人明治大学広報課

〜文芸賞大賞作は芸術評論誌「ユリイカ」に掲載〜「倉橋由美子文学賞」「阿久悠作詞賞」の第7回受賞作が決定2月26日、駿河台キャンパスで表彰式

(@Press) 2016年02月24日(水)13時30分配信 @Press

明治大学の卒業生で、作家・倉橋由美子氏、作詞家・阿久悠氏の故人2人の功績を顕彰する「明治大学連合父母会文学賞」の「倉橋由美子文芸賞」(小説)と「阿久悠作詞賞」(歌謡曲・ロック・ポップス・演歌等あらゆる音楽ジャンルの歌詞)の第7回受賞作がそれぞれ決定しました。2月26日(金)に駿河台キャンパスにて表彰式を執り行います。
「倉橋由美子文芸賞」大賞には、農学部4年山根恭子さんの『河童』が選ばれました。同賞近年「該当作なし」が続いており、大賞が選ばれるのは4年ぶりです。『河童』は青土社発行の芸術評論誌「ユリイカ」3月号(2月27日発売)に掲載されます。また「阿久悠作詞賞」には佳作3編が選ばれました。
同文学賞は、明大在学生の父母らでつくる「連合父母会」の後援により2009年に創設されました。文学賞は2部門とし、それぞれに明大特別功労者の名前を冠して、故人の業績を顕彰するとともに、投稿者の奮起となることを目的としています。応募資格者は明大在学生(学部生・大学院生・留学生)で、今回倉橋由美子文芸賞に33編、阿久悠作詞賞に78編の応募がありました。表彰式には、倉橋由美子、阿久悠両氏の令嬢や子息も参加し、受賞者を祝します。

〜表彰式〜
日 時 2月26日(金)18時〜
会 場 明治大学駿河台キャンパス リバティタワー23階 岸本辰雄ホール
倉橋由美子文芸賞
大賞 「河童」 農学部4年 山根 恭子
佳作 「蟻」 文学部3年 寺本 充希
佳作 「神木」 文学部3年 紺野 哲矢
佳作 「On your mark」 文学部3年 向田 真
選者 越川芳明(文学部教授、翻訳家)、旦敬介(国際日本学部教授、作家・翻訳家)、
小谷真理(情報コミュニケーション学部客員教授、SF&ファンタジー評家)
阿久悠作詞賞
大賞 該当作なし
佳作 「案内人」 文学部2年 渡會 由貴
佳作 「母」 文学部2年 伊藤 嘉音
佳作 「コトノハ」 文学部4年 笹本 拓希
選者 飯田 久彦(エイベックス・エンタテインメント顧問 、プロデューサー)
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る