• トップ
  • リリース
  • ケアネット、ヘルスケアベンチャーを投資対象とするファンド「TARO Ventures 2号ファンド」へ出資

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社ケアネット

ケアネット、ヘルスケアベンチャーを投資対象とするファンド「TARO Ventures 2号ファンド」へ出資

(@Press) 2016年02月25日(木)15時00分配信 @Press

株式会社ケアネット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大野 元泰、URL: http://www.carenet.co.jp 、以下「ケアネット」)は、親会社であるケアネット・イノベーション投資事業有限責任組合(以下「CNIファンド」)と共同で、佐藤 太郎 氏が組成した「TARO Ventures 2号投資事業有限責任組合(以下「TARO Ventures 2号ファンド」)」へ出資することといたしましたので、お知らせいたします。


ヘルスケア産業を取り巻く環境は、高齢化の進展、それに伴う医療制度の変更といった変化に加え、ICT(情報通信技術)の浸透やウェアラブルデバイスなどの新技術の登場などにより、急速に発展しております。
ケアネットは、このような環境変化に対応し、更なる成長を実現するため、親会社であるCNIファンドと協力をし、ヘルスケア分野のベンチャー企業を中心に投資するTARO Ventures 2号ファンドへ出資することといたしました。
今回のTARO Ventures 2号ファンドへの出資を通じて、ケアネットはヘルスケア分野のベンチャー企業とのネットワーク構築や、新たなアイデアや技術といった最新情報へのアクセスができるようになります。加えて、有望なベンチャー企業とは協業・連携を行います。これらを活用して、ケアネットは新規事業の創出や革新的サービスの開発を進め、成長を加速させていきたいと考えております。また、出資により育成されるベンチャー企業に対しては、ケアネットの12万8千人の医師会員やCNIファンドに出資している医薬品卸会社のネットワーク等を活用し、サービス展開を支援してまいります。


■TARO Venturesについて
名称 :TARO Ventures
代表 :佐藤 太郎
所在地:東京都渋谷区
設立 :2014年3月
特徴 :(1) 主として、アーリーステージのヘルスケア、IoT、
      モビリティ等のベンチャーを支援
    (2) 個人GPとして志ある起業家と恊働しイノベーションを創造
    (3) 幅広いネットワークにより、世代間、業種間をつなぐ


■佐藤 太郎 氏ついて
東京大学経済学部卒、ハーバード大学ケネディスクール修了(MPA取得)
1991年-2013年 通商産業省(現経済産業省)
2009年-2013年 株式会社産業革新機構 マネージングディレクター
        (2011より執行役員)
2010年-2012年 カウフマンフェローズプログラム修了
        (シリコンバレーのVCネットワーク)
2014年‐    TARO Ventures設立
(その他 J HEALTH INCUBATE代表パートナー)


■ケアネット・イノベーション投資事業有限責任組合について
名称   :ケアネット・イノベーション投資事業有限責任組合
代表   :無限責任組合員 株式会社ミレニアムパートナーズ
      代表取締役 秦 充洋
所在地  :東京都港区北青山3-5-6
設立   :2008年11月25日


■ケアネットについて
社名  : 株式会社ケアネット
代表  : 代表取締役社長 大野 元泰
所在地 : 東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル
設立  : 1996年7月
URL   : http://www.carenet.com
事業内容: 製薬企業向けの医薬営業支援サービス
      マーケティング調査サービス
      医師・医療従事者向けの医療コンテンツサービス

当社は、医師・医療従事者に実践的で役立つ情報をインターネットで提供する会員制ポータルサイト「CareNet.com(ケアネット・ドットコム)」を運営し、12万人を超える医師会員を有しています。この医師会員を源泉に、日本国内において製薬企業の営業・マーケティング活動をサポートする
サービスを提供しています。


■今後の見通し
今回の業務提携に伴う当期の業績に及ぼす影響については、軽微と見込まれております。今後、当社業績に開示すべき重要な影響が見込まれると判断した場合には、速やかに開示をいたします。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る