• トップ
  • リリース
  • 梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)が、「サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)」に採択されました

プレスリリース

  • 記事画像1

阪急阪神ホールディングス株式会社

梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)が、「サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)」に採択されました

(@Press) 2016年02月22日(月)16時45分配信 @Press

阪神電気鉄道株式会社と阪急電鉄株式会社は、「梅田1丁目1番地計画(阪神百貨店(阪神梅田本店)の入居する大阪神ビルディング及び新阪急ビルの建替計画)」において、両ビル間の道路上空を活用した建替えと周辺公共施設整備を一体的に行うことにより、都市機能の高度化、防災機能の強化、公共的空間の創出、良好な景観形成等を通じ、国際競争力の強化に資する快適で省CO2に大きく寄与する質の高いまちづくりを進めることを目指しています。
この度、こうした点が評価され、当計画が、国土交通省が所管する「サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)」の事業採択を受け(2015年12月21日付け)、両社におきまして、当該採択に基づく具体的な計画概要が決まりましたので、お知らせします。

今後も行政機関及び関係先と引き続き協議を行い、2022年春頃の全体竣工を目指します。なお、阪神百貨店は、大阪神ビルディング西側で営業を継続します。
工事の実施に当たっては、お客様の安全確保と周辺環境への十分な配慮を行ってまいりますので、皆様のご理解とご協力をお願いします。

阪急阪神ホールディングスグループでは、将来にわたって持続的な成長を実現していくため、「梅田地区をはじめとする沿線の価値向上」を事業戦略の一つと位置付けており、本計画が沿線の価値向上に資するよう計画の細部の検討及び関係機関との協議を、引き続き進めてまいります。

“サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)”の採択について
当計画が国土交通省の所管する「サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)」において、省エネ・省CO2に係る先導的な技術の普及啓発に寄与するプロジェクトとして、事業採択を受けました。

(評価をいただいたポイント)
(1)エネルギーのベストミックス
空調熱源のエネルギー源として電気・ガスをバランスよく組み入れた機器構成とすることで、柔軟かつ効率的な運用が可能であり、CO2排出量も最小化することができます。

(2)熱源最適運転シミュレーションシステム
種類の異なる複数台の熱源機器の最適運転を行うための制御システムを採用しています。

(3)阪神梅田駅への熱融通
ビル内の熱源設備から、阪神梅田駅へ空調用冷熱を供給することで、エネルギーを無駄なく使うことができるようにしています。

(4)阪急阪神梅田エリアエネルギーマネジメント
阪急阪神グループが梅田エリアに保有する建物のエネルギー量を、将来的に、一元的に把握・管理するための集中中央監視システムを構築します。

(5)様々な緊急時対応設備とBCP対応設備
非常時にも自家発電設備により、一定容量の電力供給を行い、災害時の機能維持を図ります。

(6)オフィステナントへのエネルギー見える化
テナント利用者に使用エネルギー情報を提供し、見える化することで、省エネルギーへの取組みを喚起する仕組みとしています。

(7)シークエンス温度制御
建物の入口から内部に向かって段階的に温度設定を変化させる制御により、施設利用者の快適性を損なわずに省エネルギーを図る仕組みを採用しています。


【サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)とは】
サステナブル性という共通価値観を有する省エネ・省CO2に係る先導的な技術の普及啓発に寄与する住宅・建築物のリーディングプロジェクトとなる住宅・建築プロジェクトを国土交通省が公募し、採択した事業には整備費等の一部を補助し、支援する制度
<対象事業の種類>
[1]住宅及び住宅以外のオフィスビル等の建築物(以下「住宅・建築物」という。)の新築
[2]既存の住宅・建築物の改修
[3]省CO2のマネジメントシステムの整備
[4]省CO2に関する技術の検証


添付資料:参考 「梅田1丁目1番地計画」の概要

リリース http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/3962.pdf
阪急阪神ホールディングス http://www.hankyu-hanshin.co.jp/

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る