• トップ
  • リリース
  • 日本の絵本文化の常識を変えたい!絵本作家に訪れた「もしも!の時」を公開

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

日本PCサービス株式会社

日本の絵本文化の常識を変えたい!絵本作家に訪れた「もしも!の時」を公開

(@Press) 2016年02月22日(月)10時30分配信 @Press

年間10万件以上のパソコン、スマホ、デジタル機器へのサポート実績をもつ日本PCサービス株式会社(本社:大阪府吹田市/代表取締役社長:家喜 信行/証券コード:6025)は、「ドクター・ホームネット」のスペシャルサイト< http://4900.tv/ >にて、絵本作家 谷口智則さんの「もしも!の時」を新たに公開いたしました。

____________________________________
絵本は子どもだけのもの?
日本と海外の文化の違いに戸惑ったデビュー当初の悔しい思い出・・・。
年齢も国籍も超えて絵の力でストーリーが伝わる絵本作家へ。

<絵本作家 谷口さんのもしも!の時>
https://www.4900.co.jp/moshimo/post-450/

谷口智則さん
20歳の時に世界中の絵本の原画が集まるボローニャ国際絵本原画展を見て、絵本作家を志す。金沢美術工芸大学を経て、絵本作家デビュー。現在は地元 四條畷市にギャラリーショップを構え、絵本だけではなく広告や商業施設の壁面などのデザインも手がける。


<「ドクター・ホームネット」スペシャルサイト>  http://4900.tv/
「ドクター・ホームネット」のスペシャルサイトでは「もしも!の時」と題して、暮らしを応援しつづける「ドクター・ホームネット」が「今を活躍する人、いまをつくる人」を取材し、日々の暮らしや仕事などでピンチだったことに対する克服ストーリーや、実際に起こったデジタル機器のトラブルなども紹介しています。また、各種トラブルに相応しいサービスの紹介なども行っています。


<日本PCサービス株式会社の新ブランド「ドクター・ホームネット」とは>
これからの日本では、少子高齢化が進み、それを補うべくIT化、スマートハウス化、ロボット化が、ますます進んで参ります。そこには必ず「人とICT機器をつなぐサービス」が必要になります。
「家まるごとスマートサポートの日本PCサービス」は、ホームネットワークを維持、管理し、トラブル時には緊急で対応する企業として最高のサービスでICT機器社会の様々なお困りごとを解決し、お客様に安心、快適なスマートライフをお過ごしいただく。
それが私たちの使命と考え、スマートライフの発展とともに私たちの新ブランド「ドクター・ホームネット」のサービスも進化し続けます。


パソコン・デジタル家電に困ったら・・・
通話料無料 フリーダイヤル 0800-555-0049


<会社概要>
会社名 : 日本PCサービス株式会社(証券コード:6025)
代表者 : 代表取締役社長 家喜 信行
所在地 : 大阪府吹田市広芝町9-33
設立  : 2001 年9 月
資本金 : 1 億8,880 万円
URL  : https://www.4900.co.jp/
      http://www.j-pcs.jp/
事業内容:ホームIoTの修理・設定・トラブル解決等のサポートサービス
     PC・デジタル家電・スマートフォン・HEMS・ネットワーク関連機器等


■日本PCサービス株式会社
日本全国で年間約10万件をサポート。都市部を中心とした直営店13店舗、加盟店237拠点、海外1拠点、合計251拠点により全国エリアをカバー。シンガポール進出により、アジアサポートNo.1を目指しています。



プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る