• トップ
  • リリース
  • タブレットが外国人ゲストをおもてなし!民泊運営支援ツールの無料配布を3月開始

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社ITアカウンティング

タブレットが外国人ゲストをおもてなし!民泊運営支援ツールの無料配布を3月開始

(@Press) 2016年02月17日(水)10時30分配信 @Press

民泊の運営支援サービスを展開する株式会社ITアカウンティング(本社:神奈川県横浜市、代表:宮崎 雄仁、以下 当社)は、3月より民泊施設用タブレット『Airlet(エアレット)』を、民泊施設に無償配布いたします。
『Airlet』は、「ホスト(運営者)×ゲスト間のコミュニケーション機能」、「ゲストおもてなし機能」の2つの機能を備えた、民泊施設の運営者(ホスト)向けツールです。
当『Airlet』の展開と合わせて、同じく3月からサービス開始予定の民泊施設へのモバイルWi-Fiの『無償』設置サービスおよび、当社スタッフによる最高品質の民泊の運営代行事業も同時提供します。


■多言語サービス展開も予定
『Airlet』は、多言語サービスにて以下のサービスの展開を行う予定であり、順次コンテンツを拡大していく予定です。

<当初実装予定の主なコンテンツ機能(中・韓・英)>
・チェックイン・チェックアウト通知機能
実際にきちんとチェックイン・アウトできたかの確認機能や本人確認できる機能
・ゲストノート機能
ゲスト自身が良いと思ったショップやレストラン情報を更新してもらうノート機能
・ハウスルール徹底通知機能
・24時間コールセンター機能
・オプショナルツアー予約検索機能

<順次実装する予定のコンテンツ機能>
・周辺グルメ情報
・観光スポット情報
など


■ゲストとのコミュニケーション不足を解消 観光情報なども提供
当社が『Airlet』をモバイルWi-Fiと合わせて展開するのは、多くの民泊運営を支援する中で、ホスト側・ゲスト側双方に様々な課題や不満足があることに注目したためです。

ホスト不在の無人運営が圧倒的に多いことから、民泊運営ホスト側には、ゲストとのコミュニケーションに課題を抱えるケースが非常に多いことや、さらには外国人宿泊者のゲスト側にも、特別な体験を享受できるおもてなしオプションツアーや、宿泊施設の周辺情報・観光スポット・グルメ情報へのニーズが強くあるものの、本国のネット情報だけではなかなか求める情報にアクセスすることが容易ではなく、結局、型どおりの旅行体験しかできずに帰国してしまうという不満の声も聞かれます。

ゲスト・ホスト双方の課題や不満足を受け、当社は民泊施設用タブレット『Airlet』を開発し、民泊宿泊施設にWi-Fiの無償配布と合わせて設置展開することで、このようなゲスト側・ホスト側双方の課題・不満足解決のサポートを行う事業を開始いたします。


■企業概要
商号  :株式会社ITアカウンティング
代表  :宮崎 雄仁
所在地 :神奈川県横浜市神奈川区台町1-10
事業内容:民泊運営支援サービスおよびそれに付随する関連事業


■本件に関するお客様向けのお問い合わせ先
担当:宮崎 雄仁
TEL :03-6914-2596
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る