• トップ
  • リリース
  • VTVジャパン、インターコール・ジャパンと代理店契約を締結 

プレスリリース

VTVジャパン株式会社、インターコール・ジャパン株式会社

VTVジャパン、インターコール・ジャパンと代理店契約を締結 

(@Press) 2016年02月09日(火)10時00分配信 @Press

この度、世界最大のカンファレンス&コラボレーションサービスプロバイダーであるWest Unified Communications Servicesの日本法人、インターコール・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ジャレット・シュミット、以下 インターコール)と、VTVジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:栢野 正典、以下 VTVジャパン)は販売代理店契約を締結しました。本契約によりVTVジャパンでは、インターコールが提供するクラウド型ビデオ会議サービス「Blue Jeans」、およびウェブキャストソリューション「Webcast Essentials」の販売が可能となります。

Blue Jeansは、クラウド型のビデオ会議サービスで、CiscoやPolycom、LifeSizeなど専用のビデオ会議端末に加え、主要なウェブブラウザ、またはスマートフォン、タブレット、さらにはSkype for Businessや、Cisco Jabberなどのインスタントメッセージを含む幅広いエンドポイントから接続することが可能です。相互接続性に優れているため、様々な端末・アプリケーションを活用し、ビデオの送受信やコンテンツ共有を用いた効果的な遠隔コミュニケーションを実現します。

VTVジャパンは、国内初のテレビ会議システム専門の販売会社として20年以上の実績があり、マルチベンダーとして様々なシステムを取り扱ってきた経験から、販売だけでなく各メーカー製品の保守サービスや、導入後の運用サービスもあわせて提供することが可能です。また、現在多くの企業が課題として抱えているオンプレミスからクラウドへの移行においてもサポートが可能なため、インターコール製品の導入・連携におけるサポートが拡充されます。

この度の販売代理店契約の締結を機に、VTVジャパンではBlue Jeansをはじめとするインターコールのコラボレーションツールを、より国内企業のニーズに合った形で幅広く紹介していきます。

◆Blue Jeans 製品紹介ページ
https://www.vtv.co.jp/solution/bluejeans.html


【VTVジャパン株式会社について】
VTVジャパン株式会社( https://www.vtv.co.jp/ )は、1995年設立以来、テレビ会議・Web会議システムの機器販売およびレンタル、同システムに関する保守サポートや付加価値サービスに特化したテレビ会議システムのマルチベンダーです。自社内にデモンストレーションルームやテレビ会議システム専門の検証ルーム、技術員が直接応対するコールセンターを保持しており、様々なユーザニーズに対応しています。自社独自開発によるテレビ会議カスタマイズソリューションの提供も行っております。


【インターコール・ジャパン株式会社について】
インターコール・ジャパン株式会社( http://intercall.co.jp/ )は、UC(Unified Communications)スペクトラムの4大要素となるカンファレンス&コラボレーション、マネージドボイス、ネットワークサービス、デジタルメディアサービスをオンプレミス、またはクラウド上で20年以上に渡り提供してきたWest Unified Communications Services( https://www.westuc.com/ )の日本法人です。電話・ウェブ・テレビ会議などのコラボレーションソリューション、ならびにウェブキャストやVirtual Environmentなどのデジタルメディアプラットフォームを基盤とした幅広いUCソリューションを備えており、少人数の会議から数千名におよぶ大規模なイベントまで、複雑化する今日のコミュニケーションニーズに細かく対応することが可能です。米国ネブラスカ州に本社を構え、日本、カナダ、メキシコ、中南米、イギリス、アイルランド、フランス、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、インド、香港、シンガポールにグローバル展開しています。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る