• トップ
  • リリース
  • モンスター・ラボ、10周年を機にロゴを刷新! 6カ国10拠点でIT領域における戦略的パートナーを目指します

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社モンスター・ラボ

モンスター・ラボ、10周年を機にロゴを刷新! 6カ国10拠点でIT領域における戦略的パートナーを目指します

(@Press) 2016年02月03日(水)15時00分配信 @Press

株式会社モンスター・ラボ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:いな川 宏樹、以下 モンスター・ラボ)は、本日2016年2月3日で創業10周年を迎えました。創業ビジネスの音楽配信サービス「モンスターfm」がインターネットBGM「モンスター・チャンネル」に発展した他、IT領域でのサービス提供の内容を受託開発、グローバルソーシング(エンジニアリソースの足りない日本社会に海外エンジニアを活用させることで顧客企業を発展させるサービス:セカイラボ)、ゲーム事業、トラベルアプリ「Vivo」事業などへと広げて参りました。今後モンスター・ラボは新たに「IT領域における戦略的パートナー」を目指し、6カ国(日本・中国・米国・シンガポール・ベトナム・バングラデシュ)10拠点500人強の社員と共に、前進することを目指し、ロゴを下記のものに刷新することにいたしました。

モンスター・ラボ 新ロゴ: https://www.atpress.ne.jp/releases/89449/img_89449_1.jpg


◆新ロゴに込めた想い
モンスター・ラボ(Monstar Lab)とは、私の=Mon(フランス語)、星=Star(英語)を掛けあわせた造語です。それぞれが自分の星を見つけ、目指しながら事業を発展させ社会に還元する仕組みを創りたいという想いが込められています。今回10周年を迎えるにあたり、新たに複合的IT企業として大きく羽ばたきたいという志を持って、星が強調され、よりテクノロジー感の強いロゴをデザインいたしました。


◆今後の展望
2018年までに、現在6カ国10拠点のビジネス展開を世界30拠点に拡大する予定です。年内にフィリピン、インドへの進出が予定されている他、ベトナムにも新たな拠点を設立し、より高品質な開発を進め、グローバルソーシング「セカイラボ」を子会社ではなく親会社モンスター・ラボのサービスとし、ブランドを一つにして強化し、世界展開させていきます。尚、事業内容といたしましても、今後業務系システム開発のための海外エンジニアの日本への派遣、海外に顧客が専任チームを育成することのできる「ラボ型開発事業」、ジョイントベンチャーの創出など、より幅広い方向へ事業を発展させていきます。


【株式会社モンスター・ラボについて】
本社  : 東京都目黒区中目黒3-3-2 EGビル7階
設立  : 2006年2月3日
資本金 : 6億5,250万円(資本準備金を含む)
代表者 : 代表取締役社長 いな川 宏樹
事業内容: ・サービス開発事業
      ・グローバルソーシング事業(セカイラボ社)
      ・音楽事業
      ・ゲーム事業
URL   : http://www.monstar-lab.com
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る