• トップ
  • リリース
  • NPS(R)を活用した顧客ロイヤルティ調査・向上ソリューション提供でwizpraと協業

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社トランス

NPS(R)を活用した顧客ロイヤルティ調査・向上ソリューション提供でwizpraと協業

(@Press) 2016年02月10日(水)13時00分配信 @Press

株式会社トランス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:細田 和明、以下 トランス)は、NPSを活用し企業のロイヤルティやカスタマーエクスペリエンス向上の支援を行っている株式会社wizpra(本社:東京都中央区、代表取締役:今西 良光、以下 wizpra)と販売パートナー契約を締結し、企業のNPS、ロイヤルティ向上を支援するソリューションを共同で提供することを決定いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。


<NPS(ネット・プロモーター・スコア)とは>
NPSとはNet Promoter Score(ネット・プロモーター・スコア)の略称であり、顧客のロイヤルティ(サービス・商品に対する愛着・信頼度合い)を数値化した指標です。ベイン・アンド・カンパニーとサトメトリックス・システムズが発表した考え方で、米国の売上上位企業500社(フォーチュン500)のうち、35%以上の企業が採用していると言われています。


<協業の概要>
wizpraが保有するNPSの調査・コンサルティングにおけるノウハウと、トランスが保有するノベルティ・販売製品の企画・製作を中心とした販促ソリューションに関するノウハウを活用することにより、両社はNPSの調査設計からNPS向上の要因分析、改善提案・施策をワンストップで支援するソリューションを提供いたします。

今回の提携により、両社の持つ価値を相互に高め、よりサービス改善・売上向上に直結するソリューションとして、様々な企業にご提供してまいります。

■NPSを調査・分析することによりロイヤルティ向上要因を発掘
NPSは顧客のロイヤルティを数値化する指標として開発され、企業売上などの収益指標に直結することから、欧米を中心に急速に普及が進んでいます。本ソリューションにおいても、NPSを活用して顧客のロイヤルティ創出要因を導き、企業の収益向上のための支援を行います。また、同業界内での数値や競合との比較を通じて、自社のロイヤルティ向上の目標値を定めることも可能となります。

■販促ソリューションを活用し、NPSの向上までサポート
NPSを向上させるためには、顧客の声の収集といった一方向的な施策ではなく、顧客の声を分析し、改善アクションにつなげることで、顧客に対してフィードバックを行うといった双方向的なコミュニケーションが不可欠となります。トランスの販促ソリューションを活用することで、NPSを調査・分析するだけでなく、実際に向上する手段までサポートし、さらにはNPSを恒常的に計測することで、施策の効果検証まで行うことができます。


<当事会社の概要>
■株式会社トランス
※株式会社トランザクション(東証一部)のグループ子会社
主な事業内容: ・雑貨製品全般の企画、製造、販売
         (OEM・物販・ノベルティ・プレミアム・SPツール全般)
        ・オリジナルブランド雑貨製品の企画・製造・販売
        ・販促サイト「販促STYLE」の企画・運営
         http://www.hansoku-style.jp/
設立    : 1987年1月
本社所在地 : 東京都渋谷区渋谷3-28-13
代表者   : 代表取締役社長 細田 和明
URL     : http://www.trans.co.jp/

■株式会社wizpra
主な事業内容: wizpra NPSを中心とするNPS向上支援サービスの提供
設立    : 2013年3月
本社所在地 : 東京都中央区八重洲2-2-10 南星八重洲ビル4階
代表者   : 代表取締役 今西 良光
URL     : https://www.wizpra.com/


<提携サービスの説明会>
両社は本ソリューションについての無料説明会を、下記の通り実施いたします。
NPS指標の概要及び重要性のご説明から、NPSを活用することによるメリット、具体的な向上施策についてご説明いたします。予約制となっておりますので、下記のお申込みサイトよりご登録をお願いいたします。

日程:2016年2月26日(金) 15時〜17時(開場14時30分)
会場:TKP渋谷カンファレンスセンター
お申込みサイト: http://www.trans.co.jp/seminar/seminar20160219.html


※NPS(R)はBain&Company、Fred Reichheld、SatmetrixSystemsの登録商標です。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る